さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

京都・大阪・奈良

祇園近くの門跡寺院 青蓮院

秋空の鴨川にかかる橋。コロナの影響で外国人は見かけませんが、
お気に入りの景色です。
IMG_0316

知恩院の北にある門跡寺院「青蓮院」数ある京都の寺院でも隠れた
名所です。

IMG_0340

緑の綺麗な場所は紅葉時期には素晴らしい色を見せてくれます。
IMG_0356

どこを見学しても癒やされます。
IMG_0357

京都のお寺巡りでは、窓の向こうの眺めを楽しみの1つでもあります。
IMG_0365

IMG_0369

様々な絵を楽しみながら。
IMG_0376

秋空の下の庭園をゆっくり歩いて十分癒やされました
IMG_0392


水運の街伏見で十石舟に乗りました

伏見散策で水路を快適に走る舟を見つけて、スマホで調べると伏見
観光協会が運営している「十石舟」だと分かりました。

早速乗り場まで向かいます。
IMG_0083

穏やかな水面を横目に延びた石畳、風情があります
IMG_0085

この日は他に2名のみで、ゆっくり写真を撮ることができました。
IMG_097

すれ違う十石舟を眺めるのもタイムスリップした気分
IMG_0100

当時は米を十石約1,500kg運んでいたそうですが、今は観光客を運んでいます。
IMG_0122

往復30分の所要時間があっという間でした。
IMG_0124

スタッフの人に十石舟乗り場の対岸からの景色も良いと教えられました。納得。
IMG_0125

歴史の街 伏見を散策しました

京都の伏見と言えば豊臣秀吉により造られ、水運の街として栄えた場所です。三井住友トラスト不動産の以下webでは、その歴史が紹介されています。また伏見以外で全国の様々な土地が紹介されており分かりやすく興味深いサイトです。

IMG_0060

1866(慶応2)年に土佐藩の坂本龍馬らが襲撃された舞台「寺田屋」です。後の鳥羽・伏見の戦いで焼失後に再建されました。
IMG_0061

伏見と言えば日本酒の蔵元が古くから栄えた場所で、たまたま黄桜の前にさしかかりました
IMG_0062

黄桜と言えばカッパのCMで有名で、ここ京都で初の地ビールレストラン「キザクラカッパカントリー」で中にはカップに関する様々な資料が展示されています。

IMG_0063

伏見を歩くと映画やドラマのロケ地を見つけることができます。この橋は浜辺美波主演の「君の膵臓をたべたい」に登場した場所です。

IMG_0066

江戸時代からの水運の水路をゆっくり歩きました。
IMG_0078

坂本龍馬とお龍が、薩摩に向けて新婚旅行に旅立ったのが伏見です
IMG_0079

水路を気持ちよさそうに走っている舟を発見しました。観光客らしき人が乗っているので早速調べました
IMG_0081

土屋太鳳も訪れた車折神社

京都市北部を東西に走る嵐山電鉄、通称嵐電は駅名がお寺や神社の名前なので、観光で初めて乗る人でも不安なく利用できます。その1つ「車折神社(くるまざきじんじゃ)」、駅のホームの向こうに神社があります。

IMG_0153

敷地内にある芸能神社には、多くの芸能人の朱の玉垣があり、知っている芸能人の名前を見つけるだけでワクワクします

IMG_0162

水戸黄門、里見浩太朗さんなど蒼々たる名前が並んでいます。
IMG_0164

全てを見ていると1日が終わってしまいそうです
IMG_0165

レスリングの吉田沙保里さんの名前もありました。
IMG_0168

土屋太鳳さんも訪れた証が紹介されています。
IMG_0171

京都市内を一望できる隠れ家スポット

京都観光で訪れる人が嵐山ほど訪れない場所が東山山頂にあります。門跡寺院青蓮院が国宝 青不動をお祀りする建物として2015年に完成
した将軍塚青龍殿です。

IMG_9748

青龍殿にお参りして清水寺の舞台の4.6倍の広さ(延面積:1046)の
木造大舞台に向かいました。
IMG_9750

京都市内を一望できる素晴らしい場所ですよ
IMG_9757

京都御所も一望できます。
IMG_9758

平安神宮も
IMG_9760


将軍塚の向こうにも展望台があります。
IMG_9763

青龍殿とても立派な建物です。
IMG_9765

ここからの眺めも素晴らしいです
IMG_9768

鴨川デルタもくっきり。
IMG_9771


京都タワーを始め南側の眺望も良く、大阪方面も一望できる場所です。
京都に観光で訪れるならお薦めの場所が増えました。
IMG_9773

空海ゆかりの京都の神護寺を訪れました

京都市の北西にある愛宕山の中腹に位置する神護寺は、空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺で、最澄もここで法華経の講義をしたことがあるなど、日本仏教史上重要な寺院です。

駐車場に車を停めると係の人が車の發鮓て、香川からですか、
ここ神護寺は空海ゆかりのお寺なんですよと、簡単に神護寺について
説明してくれました
清滝川に架かる高雄橋を渡った時には、意気揚々でした。
IMG_9471

長い石段を登り続け受付にたどり着きました。石段の連続で道中写真を撮る余裕もなく、ひたすら歩いて標高で100m程上がりました
IMG_9480

境内は広く手入れが行き届いており、荘厳な気持ちになります。
IMG_9482

本堂を右手に大師堂に向かいました。
IMG_9486

秋には綺麗な紅葉を楽しむことができるはずです。
IMG_9488

瓦投げをした場所から下を眺めると駐車場の隣を流れていた川が、
遙か下に見えます。
これだけの標高を登ったことに改めて驚きました。
IMG_9494

金堂は1934年に実業家山口玄洞氏の寄進で建てられたそうです。
IMG_9502

帰りは下りなので快適です。
IMG_9504

高雄橋まで下りてきました。
IMG_9507

暑い日だと、この清流でひと泳ぎしたくなる往復です。
IMG_9509

鳥獣人物戯画で有名な高山寺(京都市右京区)

高山寺は鎌倉時代に、神護寺の子院が荒廃した跡に神護寺の文覚の弟子であった明恵が入り開基しました。

IMG_9435

北山杉の生い茂った参道をマイナスイオンを浴びながらゆっくり歩を
進めます。
IMG_9452

金堂周辺では秋に色鮮やかな紅葉を楽しむことができるはずです。
IMG_9453

IMG_9461

深い山での当時の修行生活に思いを馳せながら、景色を眺めました。
IMG_9463

IMG_9464

高山寺と言えば国宝「鳥獣人物戯画」が有名ですので、併せて楽しんでください。

2倍楽しめる大覚寺と大沢池

大覚寺の東にある大沢池は、周囲約1kmの日本最古の人工の林泉(林や泉水などのある庭園)。
嵯峨天皇が離宮嵯峨院の造営にあたって、唐の洞庭湖を模して造られたことから、庭湖とも呼ばれています。

IMG_9410

池舞台からの景色は平安時代と変わりません。
IMG_9411

心経宝塔は剣客商売など時代劇でも度々登場している有名ロケ地。
IMG_9413

ゆっくりと大沢池を1周しました
IMG_9421

大覚寺と大沢池、2倍3倍にもお得な場所
IMG_9423

受付の方が言っていた
「池の対岸からの大覚寺の眺めはお薦めですよ。」
この意味が理解できました
IMG_9425

船を浮かべてゆっくりしたい。そんな場所です。
IMG_9426
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ