さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

広島県

シャッター街でない元気な尾道商店街周辺を散策しました。

商店街と言えば今は多くの街でシャッター街となっているケースが多いのですが、尾道商店街は多くの店舗が営業をしており、地元の人や観光客が多く行き交っています。
尾道本通商店街 https://okaimonomichi.com/
トラベルガイド https://www.travel.co.jp/guide/article/28597/

尾道駅から商店街に入って直ぐにあるのが、おのみち林芙美子記念館。
web https://onomichijp.com/attraction/fumiko_hayasi_museum.html
no title

入場無料で見学することができ、林芙美子さんが住んでいた建物が
保存されています。
5

商店街から路地を眺めるのも尾道散策の楽しみ方の1つです。
6

こちらは「あなごのねどこ」ゲストハウスでした。
10

尾道商業会議所記念館は、1923年10月に尾道商業会議所創設30周年の記念事業として建設された建物を、復元改修しています。
web https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/soshiki/26/2474.html
7

尾道のベッチャー祭りの神輿です。
web http://onomichi.main.jp/betcha/

8

路地を抜けると。
11

直ぐには海がありました。
12

このクレーン工場敷地内に、映画「男たちの大和」の戦艦大和の
原寸大ロケセットが組み立てられ撮影が行われました。
15

朝モーニングも昼も尾道ラーメン、美味しかったです。

尾道市で用事があり朝9時過ぎに着きました。尾道ラーメンを食べることができる店の大半は11時以降に開店する店ばかりです。
webで調べると朝7時から沙羅の木 (しゃらのき)という店はモーニングでトーストや和定食を提供しながら尾道ラーメンもメニューにありました
食べログ 
https://tabelog.com/hiroshima/A3406/A340302/34009993/

1

ゆったりした店内、モーニングも良さそうでしたが。
2

尾道ラーメンを注文しました。美味しかったです
8

昼時になり朝に続いてラーメンを食べようということで、尾道商店街を
入って直ぐの尾道ラーメン日乃出食堂に向かいました。
食べログ 
https://tabelog.com/hiroshima/A3406/A340302/34024759/

12

おのみち林芙美子記念館の隣にあります。
10

尾道商店街は、本当に元気です。
15

ここの尾道ラーメンも美味しかったです
16

インスタ映えで人気 大理石造の「未来心の丘」

西日光と言われる耕三寺博物館が芸術活動の一環で取り組んでいる「未来心の丘(みらいしんのおか)」。
web http://www.kousanji.or.jp/hill_of_hope.html
IMG_6706

イタリアの大理石の産地カッラーラから運ばれた大理石を用いた
5,000屬稜鬚つ躅爐任后
IMG_6710

光明の塔がそびえ立ちます。
IMG_6777

エレベーターもあるので年代を問わず気軽に訪れることができます。
IMG_6778

仏教護法の十二天から「月天(がってん)」を望む猫。
IMG_6779

白亜の大理石と青い空が見事に調和しています。
IMG_6780

彫刻家杭谷一東氏がデザインから設計指導、ネーミングに至るまで
創造したカフェ・クオーレ。クオーレには「真心」の意味があるそうです。次回は店内でゆっくりします。
IMG_6782

耕三寺のもう一つの見所でお薦めの場所です。
IMG_6785

しまなみ海道は素晴らしい観光資源の宝庫だと思います。
IMG_6787

遠くにあるのは、しまなみの風景に欠かせない造船所です。
IMG_6788

別名「西日光」も納得の耕三寺

しまなみ海道の生口島にある耕三寺は、西日光と言われる名所です。
IMG_6749

日本各地の由緒ある建造物を再現しているのですが、
ここ自体オリジナル感を醸し出しています。
IMG_6758

瀬戸内海の島に、これほど精巧な建造物があるのが不思議ですが。
IMG_6768

島の日常に馴染んでいます。
IMG_6775

日光東照宮には行ったことがないのですが、西日光と呼ばれるのが納得できました。
IMG_6779

何だか時間がスローに流れている。そんな感覚になりました。
IMG_6803

どの角度から見ても、見応えがあるので飽きがこないです
IMG_6810

IMG_6811

IMG_6812

清らかな気分になれました。
IMG_6818

はっさく大福が有名な因島「八咲」でランチ

因島の八咲で昼食をとろうと向かうと、昼時だったので駐車場は満車でした。そこで近くにある尾道市営中央駐車場に駐車して徒歩で向かいましたが、情緒溢れる通りです。
駐車場 https://kanko-innoshima.jp/access/parking/portopia
IMG_6726

新しい外観、オープンしてそれほど経っていないようです。
IMG_6727

店に入って直ぐの生け簀。
IMG_6742

美しく盛り付けられたランチ食べるのが勿体ないと思いましたが、
本当に美味しかったです
IMG_6831

ヒサトラの料理人の紹介を読んで、料理への思いを知り納得できる
盛り付けに味です。
https://hitosara.com/0006116525/
IMG_6834

量的にもちょうど良い感じです。
IMG_6833

後から出てきた天麩羅も美味しくて、また訪れたい店です
IMG_6836

湊かなえの小説にも登場した白滝山で瀬戸内海を満喫しました。

尾道市因島の白滝山展望台は、湊かなえの小説「望郷」の短編
石の十字架で白綱山として描かれた白滝山。
IMG_6863

山頂近くに駐車場があり、そこから少し山道を登るのですが、少しだけ急な坂道があります
IMG_6864

最後のスパート
IMG_6869

息を切らして山頂に着くと、目を見張る眺めがありました
IMG_6871

中央真下にあるのが、因島フラワーセンターです。
IMG_6874

小細島は現在無人島ですが、右手の細島は有人の島です。
IMG_6876

五百羅漢と呼ばれる石仏群は、1830年一観教の創始者・柏原伝六とその弟子たちによって作らたそうです。
IMG_6878

ここからの因島大橋、絶景でいつまで見ても飽きがこなかったです
IMG_6885

尾道市 因島フラワーセンター

しまなみ海道にある尾道市因島にある因島フラワーセンターは、
高速のインターから数分の距離にある無料の観光地です。
https://www.jalan.net/kankou/spt_34206cc3310040339/
IMG_6843

綺麗に手入れをされている地元の方々には頭が下がります
IMG_6849

少し高台にあるのでしまなみの海も楽しめる場所です
IMG_6850

それほど大きくはないのですが、因島を訪れる時の小休止には
お薦めかなと感じました。
IMG_6851

IMG_6861

高松から瀬戸大橋経由で約2時間と手軽な観光スポットの因島です。
IMG_6863

尾道観光協会 https://www.ononavi.jp/index.html

広島駅近くの大名庭園

広島駅近くの縮景園は広島藩主の別邸の庭園として、上田宗箇が
手がけました。
IMG_5108

宮島に比べると外国人観光客は少ないのですが、それでもこの日は半数が外国人でした。
IMG_5117

大都市の喧噪を離れた空間。
IMG_5118

亀を連想させる工夫を始め至る所に見所があります。
IMG_5119

場所により感じるイメージが異なる庭園の醍醐味です。
IMG_5128

新緑が映える=秋の紅葉も綺麗なので、次は秋に訪れたいです。
IMG_5129

IMG_5132

縮景園web http://shukkeien.jp/
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ