さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

広島県

大平元内閣総理大臣の揮毫「國酒」


広島県東広島市JR西条駅周辺には、蔵元が立ち並び蔵元巡りをする観光客を多く見かけます。そんな中、福美人を訪れました。
IMG_1075
福美人web http://www.fukubijin.co.jp/

一般公開されている恵比寿蔵では、蔵元直送の日本酒を購入することができます。
IMG_1076

この赤レンガの煙突は、酒の都西条でも最も高い27m。
IMG_1077

直営店、入る前から期待が高まります。
IMG_1078

仕込み水を飲むことができます。口に含んだ瞬間、この水から造られる日本酒を飲んでみたくなりました。
IMG_1079

香川出身の大平正芳元内閣総理大臣の筆による「國酒」を始め、それ以降の歴代総理の揮毫が並んでいます。
IMG_1081

大平元総理大臣の頃から、公式行事で日本酒を使うようになったそうです。
IMG_1082

1950年代に広島カープが経営難に陥り、市民から寄付を募った
「たる募金」がここに展示されています。
IMG_1087

店内では試飲しながら、買いたい銘酒を選ぶことができます。この日もたくさんの人たちが銘酒を飲み比べて、それぞれ気に入った日本酒を購入していました。
IMG_1088

IMG_1089

酒蔵のまちの本陣

酒蔵が立ち並ぶ東広島の西条は、江戸時代に西国街道の宿場町として栄えており、御茶屋と呼ばれる広島藩の本陣がおかれていました。
IMG_1094

部屋数も29ある大きな建物だったことが分かります。
IMG_1095

現在の門は当時の表御門を賀茂鶴酒造蠅砲茲衂元されたもので、賀茂鶴酒造が所有しています。
IMG_1096

酒蔵のまち西条をより印象づけてくれた建物でした。
IMG_1098

東広島市観光情報web
http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/life/4/

酒蔵のまちにタイムスリップ

広島県の東広島市西条は酒蔵のまちとして有名です。一歩足を踏み入れると、赤レンガの煙突が立ち並び、まるでタイムスリップしたような感覚になります。
IMG_1055

西条には美味しい水が豊富で、それもここに酒蔵が立ち並んだ理由の一つです。
IMG_1058

IMG_1060

地元の人が普通にペットボトルに水を汲む光景を何度も見ました。学校帰りの生徒が鞄から水筒を出して、水を汲んだり日常のことのようです。
IMG_1064

歴史を感じる建物を見ながらの散策は、新鮮でした。
IMG_1065

タイムスリップした感覚になれる場所、また訪れたいです。
IMG_1091

酒蔵には試飲できる直営店もあるので、車の運転をしない人には、
飲み比べをしながら品定めもできます。
IMG_1092

IMG_1093

西条の新幹線最寄り駅は東広島駅です。東広島駅は新幹線の車窓から何度も見ていて田園風景の広がる土地との印象でしたが、東広島市が人口20万人弱でとても賑やかな街と知ったのは驚きでした。

酒のまち西条 http://saijosake.com/japanese/index.html

ミシュラン掲載のお好み焼き「大樹(ひろき)」

広島を訪れると毎回食べるのはお好み焼き。この日はミシュランに掲載されたJR海田市駅近くにある大樹を訪れました。駐車場は4台分あるのですが、初めてだと分かりにくく道も狭いので、運転に自信がない人は、近くの駐車場を利用して歩いて行くのが良いです。平日の昼時や週末に駐車場が空いていればラッキーでしょう。
大樹web http://www.sky.hi-ho.ne.jp/deux_magots/Okonomi_Yaki/HOME.html

IMG_1041

どこにでもある小さなお好み焼き屋という感じですが、広島では昔からこのような地域に溶け込んだお店がたくさん点在しています。
IMG_1042

店内で撮影の許可をお願いしたところ、快諾してくれました。ミシュランに掲載される店は、好感度も必須なのでしょう。
肉玉そばにトッピングねぎを注文しました。
IMG_1043

店内は8席のみですが、目の前で次々にお好み焼きが焼かれていきます。ひっきりなしにかかる電話、持ち帰りの注文も多いようです。
IMG_1045

IMG_1047

オーナーの手際の良いヘラさばき、とても芸術的です。女性の方もそばを絶妙のタイミングで鉄板に乗せたり、素晴らしいコンビネーションでした。
IMG_1049

てんこ盛りのネギが乗ったお好み焼きを見ただけで、幸せな気分になりました。食べるのが勿体ないほどの美味しさ隠し味にニンニクが加えられていて、病みつきになる絶妙な味です
IMG_1050

これはトッピングのチーズ、とても美味しかったとのことです。
IMG_1051


食べログ 
https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340105/34002051/

香川から西日光〜耕三寺

西日光と言われる耕三寺は広島県の生口島にあり、聞いたことはあっても今まで行く機会は無かったのですが、マウイ島からの知人を案内する機会があり初めて訪れました。
IMG_8475

日光東照宮陽明門を模した孝養門、西の日光と言われるのも納得の建築物です。
IMG_8484

IMG_8490

五重塔は 室生寺五重塔を模したものです。
IMG_8488

本堂は平等院鳳凰堂を模したもので1940年の完成です。
IMG_8494

境内は荘厳の一言です。
IMG_8495

IMG_8499

IMG_8501

IMG_8505

日本各地の名建築物を模して造ったのも一重に、金本耕三の母を思う心からです。子供に愛情を注げず、自らのコンプレックスを覆い隠すために欠点ばかりを指摘する母親像もメディアで問題になっていますが、金本耕三氏は素晴らしい母子の関係だったのでしょう。
IMG_8509

京都の平等院鳳凰堂が香川から身近な場所にもあるのを知り、また訪れたいと感じた場所でした。
IMG_8511

IMG_8517

耕三寺web http://www.kousanji.or.jp/

鞆の浦の常夜灯

鞆の浦の常夜灯周辺は何度歩き回っても飽きることのない場所です。
IMG_7411

雁木は、潮の満ち引きに関係なく船への荷役ができるため鞆の浦の名所の一つですが、現在の港湾は浮遊桟橋の普及により見ることはできません。
IMG_7417

常夜灯には「金毘羅大権現」と書かれています。
IMG_7431

昔ながらの雰囲気が至る所に残る鞆の浦の通りを満喫しながらの
散策は楽しいです。
IMG_7434

適当に入った路地でも歴史があります。岡本家長屋門、元は福山城にあったのを移築したものです。
IMG_7435

IMG_7439

鞆の浦でのお薦めは、常夜灯を上から見下ろす絶景の場所、医王寺です。
IMG_7442

IMG_7443

人もまばらでしたが、鞆の浦観光には欠かせない場所。
IMG_7448

流星ワゴンのロケ地として登場したのも納得できる眺めです。
IMG_7446

鞆物語 http://tomomonogatari.com/

流星ワゴンの舞台「鞆の浦の永田家」

鞆の浦と言えば常夜灯周辺が有名で、来るたびに毎回感動します。
no title

今年に入り鞆の浦の名所に加わったのは、この場所
流星ワゴンに登場した忠さんの永田家です。
1

2

この美容室も何度か登場しました。
6

丸忠総業の看板がある永田家。
7

永田家の郵便受けです。
8

常夜灯までの道も情緒が溢れています。
10

ここを通り過ぎると。
12

タイムスリップした気分になれる通りです。鞆の浦は、災害や戦災に遭わなかったのでこうした路地裏散策が楽しめるのでしょう。ずっと守って欲しい町並みです。
15

流星ワゴンの最終回で元広島カープの北別府学氏が登場した場所ですが、この日は静かに時が流れていました。
18

福山城

福山市は今まで何度も訪れる機会があり、福山城は駅のホームや
宿泊先のホテルの窓から眺めるだけでしたが、今回初めて福山城を
見学することができました。
IMG_7393

10万石クラスの大名の居城にしては広大な本丸、西国の抑えとして
水野勝成が要衝に配置されました。
IMG_7395

本丸北部は堀の遺構のような低い場所があり、現在では生活道となっていました。
IMG_7397

来た道を戻り、筋鉄御門に来ました。
IMG_7400

IMG_7401

防御のために筋鉄を鋲打ちし堅固な備えにしています。
IMG_7402

IMG_7403

西側にある阿部正弘公の銅像。
IMG_7405

IMG_7406

幕末の激動の時代に名君として期待された老中、教科書にも登場する人物です。
IMG_7407
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ