さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

広島県

鞆の浦散策の後は魚屋でイートイン

鞆の浦中心部は道幅が狭く、道路に「離合可能」の表示もあり、
観光シーズンは混雑することもあります。
31

戦国武将尼子家の再興を目指した山中鹿介の首塚があります。
毛利輝元と足利義昭がここで首検分をしたそうです。ちなみに足利幕府は鞆に興り、鞆に滅ぶと言われる土地です。
wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E5%B9%B8%E7%9B%9B
35

街角の至る所で歴史を感じさせる建物を見かけます。
60

保命酒の本場ですので、入江保命酒本店で購入しましたが、大さじ2杯程度を毎日飲むのが良いそうです。飲み過ぎると短命酒になります
70

飲食店は11時から営業の店が多く、少しお腹が空いたのでトモテツバスセンターにある魚屋「魚壱」に入りました。
web http://www.tomo-uoichi.jp/
10

店内にテーブルと椅子が数人分あり、イートインできます
16

ショーケースには出来たての鯛飯を始め、美味しそうな料理が並んでいます
18

出来たての鯛飯に、サワラにママカリ。どれも美味しかったです
20

毎回香川まで魚を買って帰るには時間がかかるからと通り過ぎるばかりでしたが、次回はここでの食事を再度楽しみたいです。
22

鞆の浦でドラマ「流星ワゴン」の足跡を訪ねて

流星ワゴンは、重松清原作で2015年1月18日から3月22日まで毎週日曜21時から放送されたドラマです。
出演は、西島秀俊、香川照之、井川 遥、市川実和子、倍賞美津子、
吉岡秀隆など実力派揃いで印象に残ったドラマです。
web http://www.tbs.co.jp/ryusei_wagon/
2

チューさんの丸忠総業隣の中華料理店天福軒の設定だった建物は
改修中でした
5

ここもロケに使われて当然の趣ある道です。
6

常夜灯に行く途中にあるのが、鞆の浦けんちゃんのいりこ屋。鞆に来ると毎回いりこを買うのですが、感じの良い年配の看板娘との会話も楽しみにしています
web https://www.irikoya.jp/
10

店の入り口右手にある写真
12

西島秀俊さんや香川照之さんが鞆小学校でロケをした際
福澤克雄監督を挟んでの写真です
16

香川照之さんとの思い出を、楽しそうに語ってくれた看板娘さんの
大切な写真。
18

歴史あるしまなみ信用金庫の建物もロケに出ていました。歴史散策に
ドラマのロケ地巡りと楽しめる鞆の浦です。
22

日東第一形勝の眺め鞆の浦 対潮楼

広島県福山市の鞆の浦は、古い街並みがノスタルジックな気持ちにさせてくれます路地を歩くのも楽しみ方の1つではないでしょうか。
IMG_8016

江戸時代に朝鮮通信使のための迎賓館として使われていたのが
福禅寺「対潮楼」
朝鮮通信使 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E9%80%9A%E4%BF%A1%E4%BD%BFIMG_8017

広島に染まる夏のポスター、見た人が行きたくなる写真です。
IMG_8018

団体の観光客が来ていたので、館内の資料を見学しました。
IMG_8019

「いろは丸事件」の際、坂本龍馬ら海援隊と紀州藩が実際に談判を
行った場所でもありました。
いろは丸関連記事 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF%E4%B8%B8
IMG_8023

少しだけ貸切状態だったので、ゆっくり日東第一形勝を満喫しました
IMG_8029

対潮楼を出て直ぐの漁港。古くから潮待ちの港として栄えた鞆の浦、
小さくても歴史が凝縮された場所です。
IMG_8046

尾道商店街の尾道浪漫珈琲のモーニング

尾道商店街で朝7時半から営業の尾道浪漫珈琲本店を訪れました。
尾道市内に4店舗、広島に2店舗展開しています。
IMG_7998

開店して直ぐだったので、店内の様子を撮影できましたが、暫くすると
地元の人や観光客立て続けに入ってきた人気店です。
web    https://roman.cafe/
食べログ https://tabelog.com/hiroshima/A3406/A340302/34001427/


https://roman.cafe/
IMG_8000

Cモーニングは。マーガリンたっぷりのこんがりキツネ色トーストとレタスのサラダにベーコンエッグのセットゆでたまごはトッピングです。
IMG_8002

見た目も美味しそうですが、期待を裏切らない味でした
尾道観光のモーニングにお薦めです。
IMG_8003

シャッター街でない元気な尾道商店街周辺を散策しました。

商店街と言えば今は多くの街でシャッター街となっているケースが多いのですが、尾道商店街は多くの店舗が営業をしており、地元の人や観光客が多く行き交っています。
尾道本通商店街 https://okaimonomichi.com/
トラベルガイド https://www.travel.co.jp/guide/article/28597/

尾道駅から商店街に入って直ぐにあるのが、おのみち林芙美子記念館。
web https://onomichijp.com/attraction/fumiko_hayasi_museum.html
no title

入場無料で見学することができ、林芙美子さんが住んでいた建物が
保存されています。
5

商店街から路地を眺めるのも尾道散策の楽しみ方の1つです。
6

こちらは「あなごのねどこ」ゲストハウスでした。
10

尾道商業会議所記念館は、1923年10月に尾道商業会議所創設30周年の記念事業として建設された建物を、復元改修しています。
web https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/soshiki/26/2474.html
7

尾道のベッチャー祭りの神輿です。
web http://onomichi.main.jp/betcha/

8

路地を抜けると。
11

直ぐには海がありました。
12

このクレーン工場敷地内に、映画「男たちの大和」の戦艦大和の
原寸大ロケセットが組み立てられ撮影が行われました。
15

朝モーニングも昼も尾道ラーメン、美味しかったです。

尾道市で用事があり朝9時過ぎに着きました。尾道ラーメンを食べることができる店の大半は11時以降に開店する店ばかりです。
webで調べると朝7時から沙羅の木 (しゃらのき)という店はモーニングでトーストや和定食を提供しながら尾道ラーメンもメニューにありました
食べログ 
https://tabelog.com/hiroshima/A3406/A340302/34009993/

1

ゆったりした店内、モーニングも良さそうでしたが。
2

尾道ラーメンを注文しました。美味しかったです
8

昼時になり朝に続いてラーメンを食べようということで、尾道商店街を
入って直ぐの尾道ラーメン日乃出食堂に向かいました。
食べログ 
https://tabelog.com/hiroshima/A3406/A340302/34024759/

12

おのみち林芙美子記念館の隣にあります。
10

尾道商店街は、本当に元気です。
15

ここの尾道ラーメンも美味しかったです
16

インスタ映えで人気 大理石造の「未来心の丘」

西日光と言われる耕三寺博物館が芸術活動の一環で取り組んでいる「未来心の丘(みらいしんのおか)」。
web http://www.kousanji.or.jp/hill_of_hope.html
IMG_6706

イタリアの大理石の産地カッラーラから運ばれた大理石を用いた
5,000屬稜鬚つ躅爐任后
IMG_6710

光明の塔がそびえ立ちます。
IMG_6777

エレベーターもあるので年代を問わず気軽に訪れることができます。
IMG_6778

仏教護法の十二天から「月天(がってん)」を望む猫。
IMG_6779

白亜の大理石と青い空が見事に調和しています。
IMG_6780

彫刻家杭谷一東氏がデザインから設計指導、ネーミングに至るまで
創造したカフェ・クオーレ。クオーレには「真心」の意味があるそうです。次回は店内でゆっくりします。
IMG_6782

耕三寺のもう一つの見所でお薦めの場所です。
IMG_6785

しまなみ海道は素晴らしい観光資源の宝庫だと思います。
IMG_6787

遠くにあるのは、しまなみの風景に欠かせない造船所です。
IMG_6788

別名「西日光」も納得の耕三寺

しまなみ海道の生口島にある耕三寺は、西日光と言われる名所です。
IMG_6749

日本各地の由緒ある建造物を再現しているのですが、
ここ自体オリジナル感を醸し出しています。
IMG_6758

瀬戸内海の島に、これほど精巧な建造物があるのが不思議ですが。
IMG_6768

島の日常に馴染んでいます。
IMG_6775

日光東照宮には行ったことがないのですが、西日光と呼ばれるのが納得できました。
IMG_6779

何だか時間がスローに流れている。そんな感覚になりました。
IMG_6803

どの角度から見ても、見応えがあるので飽きがこないです
IMG_6810

IMG_6811

IMG_6812

清らかな気分になれました。
IMG_6818
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ