さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

香川県内スポット

紅葉の栗林公園で和船周遊

県外の知人を栗林公園に案内しました。何度も乗っているので和船を予約して、自分は陸上からその光景を撮影してプレゼントしています。
IMG_3498

船の上からの栗林公園の景色も最高ですが、和船を追いかけての
写真も好きです。
IMG_3514

右側のハート型の木も和船のメインです。
IMG_3516

鮮やかな赤が印象に残ります。
IMG_3519

湖面からの栗林公園の眺めが素敵だったので、県外からの方を連れて行く時の定番です。
IMG_3521

IMG_3526

和船周遊の後は、ここでお茶体験です。
IMG_3527

IMG_3533

栗林公園で結婚式も最近良く見かけます。
IMG_3538

IMG_3540

予約が必要ですが、栗林公園の和船体験お薦めです。
IMG_3542

IMG_3544

雨の栗林公園

県外の知人を連れて栗林公園を訪れました。駐車場は雨のせいか車は20台程度で、園内でたまに他の入園者とすれ違う程度でした。その分貸し切り気分でした。
IMG_3287

雨の湖面に映える掬月亭、何かイベントが行われているようです。
IMG_3291

和船に乗り湖面から栗林公園を楽しむこともできますが、雨のこの日は欠航でした。
IMG_3294

園内の商工奨励館では、香川県の文化・芸術・産業の発信地として、伝統工芸の実演を見ることができます。
IMG_3301

IMG_3303

改めて香川の伝統工芸を認識できました。
IMG_3304

館内には、うどんの歴史についての紹介もあります。空海が伝えたとされる「うどん」
IMG_3311

さぬきうどんが生まれた風土として、小麦・塩・カタクチイワシ・醤油されています。
IMG_3306

うどんの食べ方も紹介されていますが、何十にもある食べ方に驚きました。
IMG_3305

宮が尾古墳から75番札所善通寺へ

四国唯一の線刻画のある宮が尾古墳からの、弘法大師ゆかりの
出釈迦寺奥の院捨身ヶ嶽禅定がある我拝師山。 
⇒ http://www.shushakaji.jp/worship/okunoin
IMG_2475

自衛隊駐屯地の間を走る道からの、五重の塔は懐かしい気分にさせてくれます。
IMG_2479

四国学院大学東の市営駐車場は4時間まで無料で駐車できるので、最近はよく利用しています。
ただ、一般向けと月極の区画があるので、入り口の看板を必ず見てください。
IMG_2483

五岳山とは、香色山(標高157m)・筆ノ山(296m)・我拝師山(標高481.2m)・火上山(標高408.9m)・中山(標高438m)の5山で、プチ登山にもお薦めの山です。
IMG_2484

誕生院と言われる西院にある御影池の弘法大師像です。
IMG_2486

空海が唐に向かう前に、池の水面に自らを写して自らの顔を書いて、母に渡したという伝承が残っています。
IMG_2485

善通寺web http://www.zentsuji.com/

四国唯一 善通寺市の装飾画古墳

善通寺市の有岡古墳群の一つ「宮が尾古墳」を訪れました。石室の
壁面に線刻画が描かれ、四国ではここしか確認されていません。
IMG_2464

発見当初は、円墳の一番上まで土で覆われていました。
IMG_2465

IMG_2468

石室は非公開ですが、復元された石室を見ることができます。
IMG_2467

4月29日の古墳の日には、内部を見学できます。
IMG_2469

復元された石室。
IMG_2471

羨道(玄室への通路)には2体の武人像、玄室(棺を納める部屋)の奥の壁には人物群、馬に乗る人物、船団などが克明に線刻されています。
IMG_2473

これらの人物群は古代の殯(もがり)、貴人が亡くなった時に本葬の準備が整うまでに行われた儀式の様子を描いたと考えられ、貴重な文化財を香川県で見ることができます。
IMG_2474

宮が尾古墳調査報告
http://www.city.zentsuji.kagawa.jp/uploaded/attachment/3825.pdf

天体望遠鏡博物館を訪問

四国遍路結願の寺大窪寺への途中、さぬき市多和にある旧多和小校舎を利用した天体望遠鏡博物館を訪れました。
IMG_2480

机や椅子も当時のままで、なんだか懐かしい気持ちになりました。
IMG_2500

大型望遠鏡観測室は、このとおり屋根が開いて天体観測ができます。
IMG_2503

IMG_2504

教室にもたくさんの望遠鏡があり、今まで見た望遠鏡の数以上を一気に見ることができました。
IMG_2505

小学校時代はプールだった場所も、望遠鏡の展示室になっています。
IMG_2506

開館日は、原則、土・日曜と祝日になる金・月曜。
10・11・13・14・15時にあるボランティアによる館内ガイドを利用すると更に知識が深まります。
IMG_2508

web http://www.telescope-museum.com/

三豊市のエンジェルロード〜来た道を戻って

浦島太郎と亀を横目に、来た道を戻る編です。
IMG_2273

ここの海、本当に綺麗で夏に海水浴で訪れたい、そう思いました。
IMG_2276

浦島太郎が亀を助けた浜も、満潮になると姿を消すのです。
IMG_2277

この綺麗な砂浜をゆっくり満喫でき、良いリフレッシュになりました。
IMG_2283

IMG_2291

小豆島のエンジェルロードとは違った良さがあるのですが、駐車場の少なさが隠れたスポットであり続けるのでしょう。
IMG_2292

IMG_2295

干潮時刻の前後1時間半程度が、散策にはお薦めの時間帯です。
IMG_2298

三豊市のエンジェルロードを散策

浦島太郎伝説が残る亀の形をした丸山島、以前はたくさんの人が
潮干狩りを楽しんでバケツ数杯獲れることもあったようですが、今では潮干狩りをする人も見かけません。
IMG_2240

浦島太郎が亀を助けて、ドラマ流星ワゴンのロケ地にもなった浜。
干潮の時だけ姿を現しますが、夏場なら泳いで渡れそうです。
IMG_2247

とても綺麗な砂浜がありました。夏に泳ぎたい。
IMG_2259

IMG_2263

三豊市のエンジェルロード、干潮時のみですが、満潮から干潮になり現れては消えるのをじっくり眺めるのもお薦めです。
IMG_2260

浜を渡ると浦島太郎と亀が出迎えてくれます
IMG_2271

香川にあるもう一つのエンジェルロードin三豊市

三豊市詫間にある丸山島の「鴨之越 」、干潮の時にのみ現れる浜で浦島太郎が亀を助けた伝承が残っています。西島秀俊と香川照之が出演したドラマ流星ワゴンの1話にも登場しました。
IMG_2232

この日は干潮だったので、丸山島を目指しました。
IMG_2233

駐車場は、地元の方の好意で提供されていますが、それほど多くは
駐車できません。
IMG_2235

のどかな道をゆっくりと歩けるのも、ここの良さです。
IMG_2236

IMG_2237

浦島太郎伝説の丸山島まで、あと少しです。
なんだか亀に似ていませんか?
IMG_2238
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ