さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

香川県内スポット

セカチューの防波堤〜讃岐うどんの名店 わら家へ

世界の中心で愛をさけぶのロケ地、庵治町の防波堤を訪れました。
IMG_5862

穏やかな水面の向こうの屋島
IMG_5863

気候の良い秋の防波堤で釣りをしている人の向こうに、漁船が入港しているのも絵になります
IMG_5865

屋島にある「わら家」を訪れました。さすがに人気店で幾つかのテーブルが予約で埋まっていました。
IMG_5870

中ジャンボ食べきれるかなと思ったのですが、あっという間に食べることができました。美味しいうどんに胃袋は無限です。
IMG_5878

わら家 https://www.wara-ya.co.jp/

さぬき市の歴史民族資料館〜みろく公園

さぬき市のみろく公園内にある歴史民俗資料館は、考古学から近世の農機具など地元に密着した内容です。
IMG_5365

冨田茶臼山古墳から津田町周辺にかけて、多くの古墳が築造されていたようです。
IMG_5383

IMG_5384

館内にはさぬき市内の古墳や遺跡で発掘された出土品が展示されていて、考古学ファンには興味深いです。
IMG_5386

卑弥呼の鏡に出てくる三角縁神獣鏡も市内で出土しています。
IMG_5388

四国最大の前方後円墳も近くにありますので、併せて訪問したいですね。
IMG_5389

農機具なども展示されているスペースが建物の一角にありました。
IMG_5393

昔は火事の時に活躍していたポンプ車。みろく公園を訪れる際にはお薦めの場所です。
IMG_5397

大串半島のワイナリー

さぬき市の大串半島芝生広場からの瀬戸内海の眺めを
満喫した後は、さぬきワイナリーを訪れました。
IMG_5352

館内ではワインの製造工程を見学できます。
IMG_5354

ワインと言えばコルク。コルクはポルトガルやスペインから輸入されていますが、対岸の岡山県にある内山工業が有名です。
web http://www.umc-net.co.jp/product/cork_plastic.html
IMG_5358

IMG_5359

ワイナリー見学の後、直売所へ。
IMG_5360

ブランデー源内は、江戸時代の有名な発明家 平賀源内にちなんだネーミングでしょうか。
IMG_5361

店内には色鮮やかなワインが並んでいますので、大串の瀬戸内海の絶景を堪能した後にお薦めの場所です。
IMG_5364

大串半島の芝生広場

さぬき市大串にある芝生広場からの眺めも綺麗ですが、途中で車を停めてのここからの眺めもお気に入りです
1

真夏の昼食時の芝生広場、暑さのせいか誰もいませんでした
2

ここに置かれた椅子に座って早朝の朝日を眺めるのもお薦めです。
5

独り占めできたのは幸運です
6

7

芝生広場からテアトロンへと続く階段も緑豊か10

先月は2週続けてスターダストレビューと小田和正のコンサートが
行われました。
IMG_5339

冬場はこの場所からテアトロンを見ることができますが、真夏は木が邪魔してます。
IMG_5343

今日の暑さは、椅子も熱くしていました。
IMG_5347

この建物はさぬきワイナリー、大串に来た時には立ち寄ってほしい
場所です。
IMG_5348

瀬戸大橋を真横に眺めて

丸亀の沖にある本島は塩飽水軍ゆかりの島で、フェリーと高速艇が
あります。
https://www.city.marugame.lg.jp/useful/timetable/ship/
IMG_5168

瀬戸大橋を真横から見ることができる島。
IMG_5170

古い町並の続く笠島地区にある港を訪れました。
IMG_5171

瀬戸大橋が日常の一コマになっている地区。
IMG_5173

真横から眺める瀬戸大橋、本島ならではの醍醐味です。
IMG_5174

IMG_5175

帰りは高速艇で本島を後にします。
IMG_5179

横から眺める瀬戸大橋、新鮮な眺めです。
IMG_5180

ケーソンを始め巨大プロジェクトに携わった人たちの歴史です。
IMG_5184

海からの丸亀城、約20分の快適な船旅でした。
IMG_5188

風待ちの引田の伝統の醤油

東かがわ市引田にあるかめびし屋は創業250年以上の伝統ある
しょうゆ蔵です。 http://www.kamebishi.com/index.html
1

敷地に入るとタイムスリップした感覚になります。
2

この日は五00年の雫とうすくちだし醤油を購入しました。
かめびししょうゆは創業250年余。同じ香川県内で米酢醸造を営み260年の歴史を持つ「仁尾酢」。この250年以上の歴史を持つ「しょうゆ」と「酢」が混ざり合い醸造五百年の深い歴史がうみだすふくよかな味わいのゆずポン酢しょうゆが誕生しました。かわらず造り続けた醸造職人たちの心意気500年分のしずくが凝縮しています。
3

ここは通りに面した入り口で。
7

引田の町の路地を思いつくままに散策するのも楽しみの一つです。
8

10

讃州井筒屋敷の看板です。
12

敷地内にある売店では和三盆関係の土産を始め、地元ならではの土産を販売しています。
14

青空の下、非日常な気分を味わうことができました。
15

寛永通宝からのたこ判

観音寺市の通称銭形「寛永通宝」を眺める展望台駐車場へは一方通行なので、狭い道での離合も不要で快適に向かうことができます。
IMG_5090

歴史を感じさせる説明版ですが、ここに調和しています
IMG_5091

一夜のうちに造られたという銭形、地元の方々の手入れの賜物です。
IMG_5092

すぐ向こうには遠浅の綺麗な海が広がっています
IMG_5093

ここから北にある仁尾町までは車で約10分なので、
たこ判を食べに行きました
IMG_5098

食べログ https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370303/37002326/

海辺の絶好ロケーションのカフェCLASSICO 2/2

三豊市詫間町積にオープンしたCLASSICO瀬戸内は目の前に海が
広がり、素敵なロケーションで店内もゆっくりできる内装です。
1

カウンター席の前の窓からは一面海が広がっています
2

CLASSICO越しの海と瀬戸内の島
3

アイスコーヒーを飲みながら、ゆっくりと過ごしました
8

早い時間帯だったので、テラスに移動。
IMG_5038

目の前に広がる綺麗な景色を眺めながら、ただ時を過ごす。
IMG_5047

贅沢な時間を過ごすことができる場所、何度も訪れたくなる場所です。
IMG_5048

IMG_5049
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ