さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

徳島

鳴門市ドイツ館隣で鳴ちゅるうどんを味わいました。

鳴門市になるちゅるうどんを食べに行きました。時間が遅かったことも
あり1番札所近くの門前一番街と舩本うどんは営業終了
ドイツ館隣の道の駅第九の里物産館にある軽食コーナーを訪れました。
1

物産館の産直商品はどれも特色あり、ドイツ館にちなんでドイツビールも販売されています。
8

産直に直結した店内は清潔で、気軽に訪れやすかったです。
10

お目当てのなるちゅるうどん、出汁は黄金色であっさりした醤油味、麺は細めで柔らかく「不揃い」。具はねぎと刻み揚げが基本パターンで出汁との相性が抜群!いつでも「ちゅるっ」といける麺です
12

鳴ちゅるうどん紹介web
http://www.naruto-kankou.jp/feature/narutyuru.html

お遍路第1番札所 霊山寺 と門前のなるちゅるうどん

四国88ヶ所の第1番札所の霊山寺、お遍路を始める人が
最初に通る門です。
IMG_7148

厳かな気持ちで境内を歩きました。
IMG_7150

参拝を終え門を出ると右手に「うどん」の」幟が
IMG_7151

土産物店やうどん屋があり、うどんは注文時に支払いをするシステムです。
IMG_7153

わかめうどん。鳴門ですので、讃岐うどんと異なる「鳴ちゅるうどん」.
美味しかったです
IMG_7154

鳴ちゅるうどんはこちらで紹介されています。
http://www.naruto-kankou.jp/feature/narutyuru.html

近くに鳴門市ドイツ館もあるので、時間があれば立ち寄ってみるのもお薦めです
web http://doitsukan.com/

徳島県美馬市の寺町

美馬市を走っていると寺町との看板があり、何となく向かうと町の一角にいくつものお寺が建ち並ぶミニ古都のようなエリアがありました。
IMG_6002

みどころの看板には1,300年前にあった郡里廃寺跡や
5つのお寺があります。
IMG_6003

願勝寺、本堂の裏の枯山水の庭園がは有名です。
IMG_6997

IMG_6999

安楽寺は朱色の門が印象的です。
IMG_7007

絵になる一コマ
IMG_7008

手入れの行き届いた境内です。
IMG_7011

少し離れた場所まで歩いて、寺町を眺めました。この辺りは昔から
繁栄していたのが実感できました。
IMG_7027

美馬市観光情報
http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/miru/0012.html

道の駅「みまの里」

高松市塩江から南の徳島県の街は美馬市です。
2018年にオープンしたのが道の駅「みまの里」週末に訪れると
たくさんの人が来ていて写真を撮るのが難しい場所です。
IMG_6980

ここの惣菜はとても充実していて、近隣の人も昼ご飯代わりに買い物に来ていますさば寿司
IMG_6987

とても美味しくて+1つ買っておけば良かったです
IMG_6988

赤飯、驚きの安さです美味しいです
IMG_6989

所狭しと詰められた餃子、これも買いました。
IMG_6994

これもとても美味しくて、ここ目当てにドライブがてら買い物に行くのもお薦めです。
IMG_6995

みまの里web https://www.awanavi.jp/soshiki/2/5664.html

うだつの町〜阿波池田たばこ資料館

阿波池田の本町通りに阿波池田たばこ資料館があります。
IMG_6948

うだつのある建物、財力があった証です。
IMG_6949

なぜ池田にたばこ資料館?と疑問を感じましたが、江戸時代から徳島県三好市の山間部では、『阿波葉』とよばれる葉たばこの栽培が盛んで、幕末から明治にかけて『阿波刻み』という名称の刻みたばこ産業で繁栄していたそうです。
IMG_6950

山間部では稲作も難しく現金収入が乏しい山間部の農家にとり、たばこ栽培は貴重な収入源だったそうです。
IMG_6952

1894年当時の池田村の人口4,541人中、刻みたばこ工場で働く人が
2千人超いたそうです。まさに池田の基幹産業でした。
IMG_6959

資料館では当時の機械や資料が展示されており、
とても見応えある内容です。
IMG_6960

資料館がる旧真鍋家内部も見学できます。
IMG_6962

当時の繁栄を物語る建物が綺麗に保存されているので、阿波池田を訪れる時には是非見学して欲しい建物です。
IMG_6970

IMG_6973

阿波池田の有名焼肉店「とんちゃん」

阿波池田の商店街を歩きました。どこの商店街も活気があった頃に
比べると寂しい感じはしますが、懐かしさを感じる通りです
IMG_6847

JR池田駅方向に戻り、三好市役所の南、古くからある焼き肉屋
「とんちゃん」を訪れました。
たまたま見つけた「四国この食堂この一品88箇所巡り」というwebを
見て行きたくなったのがきっかけです。
⇒ http://shokudo88.info/index.cgi?Sshop=16
IMG_6940

メニューはそれほど種類が多くないのですが、良心的な価格です
昼に1人前+ご飯で利用する人も多そうですね。
IMG_6941

開店直後でしたので1人でしたが、清潔な店内から店の人の思い入れが伝わってきました。
IMG_6942

思ったよりもボリュームがありますIMG_6943

昔ながらのガス焼き網で焼くのも食欲がそそられます。
IMG_6945

1人でも家族でも入りやすい店です。
IMG_6944

また食べに行きたいです
IMG_6946


徳島県東みよし町の樹齢千年の楠〜美味しいカレー インドラ

徳島県東みよし町を走っていると「加茂の大クス」という標識を
見かけて興味を持って訪れました。
IMG_6971

樹齢千年以上という大楠ですが、どの方向にも均等に伸びていて
本当に綺麗です。
IMG_6979

周辺には駐車場やトイレも整備されていて、地域の人が大切に守っているのが実感できました。どこから見ても偉容があり、この地区の歴史と言っても過言ではない楠です。
東みよし町 https://www.town.higashimiyoshi.lg.jp/docs/559.html
IMG_6983

その後、昼食をとりに貞光の道の駅ゆうゆう館近くのカレー料理
インドラに向かいました。
IMG_6984

昼時で店内の写真を控えましたが、ガラス戸を開けて入ると「昭和」のドライブインを思わせる佇まい。
メニューはどれも美味しそうだったのですが、チキンカツカレーを注文しました。
IMG_6985

たっぷりの玉ねぎを炒め、水と出汁、トマトジュース。どちらかと言うとオニオンスープに近いルーは熱々の鉄板で出てきます1975年の開店当時とほぼ変わらないレシピ。調理途中のようなルーに、焼きカレーのような出し方。変わらないで欲しい味です
IMG_6986

インスタ映えする花しょうぶ園

美馬市寺町は文字どおりお寺が建ち並ぶ地区ですが、その近くに
6月になると花しょうぶが咲き誇る場所がありました
IMG_7015

地元の方々が花しょうぶ祭りを開いた様子が以下に掲載されていますが、手造りだけど地元を愛する気持ちが伝わります。
https://www.awanavi.jp/soshiki/2/5387.html

約3千本の花しょうぶ、とても綺麗で癒やされました。
IMG_7016

IMG_7017

雨の多い梅雨空の下でも、違和感を感じさせない花。
IMG_7020

色とりどりの花しょうぶ園を散策するのは爽快です。
IMG_7021

初めて訪れましたが、毎年訪れたいと思う場所が一つ増えました。
IMG_7022
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ