さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

徳島

国道11号鳴門に入って直ぐのロマンチック海道

国道11号の香川と徳島の県境のトンネルを抜けた次のトンネル手前の側道。以前から気になっていたので寄り道しました。
IMG_6422

うずしおロマンチック海道というエリアでしたが、ここから沈む夕陽を
眺めるには絶好のロケーションのようです。
IMG_6420

IMG_6423

地元の人が綺麗に手入れしているのが分かります
IMG_6424

目の前の石造りのオブジェが飛び込んできました
IMG_6425

宇宙の鼓動。
IMG_6426

IMG_6429

手造りの芸術を求めてか、国道をそれて走る車もちらほらいました。
IMG_6432

国道11号を走る際の休憩場所としてもお薦めかも知れません
IMG_6433

小松島市のボリューム満点のシラス丼

徳島県小松島市にある小松海産直営の「小松屋」は、海に面して
車から降り立つなり汐の香りが漂うロケーションです。
IMG_6222

11時から営業なので開店と同時に店に入りました。
昼時は混雑しているようです。
IMG_6300

壁に様々なメニューが貼られている中。
IMG_6306

シラス丼の写真が飛び込んで来ました
IMG_6307

シラスはスーパーで目にするより倍以上もある大きさで、ご飯にたどり着くまで大量にありましたこの時期は生シラスはないのですが、釜揚げシラスでも十分満足な料理です。
IMG_6311

好みで醤油をかけて、じっくり味わいました
IMG_6315

シラスが入った汁も美味しかったです
IMG_6316

酢ガキはとても大きく広島から取り寄せの絶品
IMG_6310

小松海産 http://www.komatsukaisan.jp/

国道11号を徳島県に入って最初の海鮮料理店

国道11号線を徳島県に向かう途中で連休となると、2時3時を過ぎても行列の絶えないびんび家が有名です。その手前にあり以前から気になっていた香川から県境を越えて直ぐの「ぴんぴん亭」に行きました。
IMG_5969

目の前には海が広がっている絶好のロケーションです。
IMG_5972

海を見ながら食事ができます
IMG_5975

ぴんぴん定食1,700円は刺身に天麩羅で豪華です刺身や天麩羅の単品メニューもあり、どれにするか悩みます
IMG_5980

刺身定食にしました。
IMG_5992

とても美味しい刺身。また訪れたいです
IMG_5993

徳島ラーメンの人気店 いのたに

徳島ラーメンと言えば香川県にも麺王や東大があり、香川県民にも身近になっていますが、「いのたに」は徳島ラーメンでも人気店です。
阿波踊り会館の北にあり、徳島駅からも徒歩圏内です。
IMG_5493

店内は外からは伺いしることはできませんが、11時過ぎにもかかわらず8割以上埋まっていました。
IMG_5495

カウンター席の店内はたくさんの人がいたので写真は控えましたが、美味しそうなラーメン。実際食べても美味しかったです入れ替わり立ち替わり人の出入りが途切れない理由が分かりました
IMG_5496

食べログ https://tabelog.com/tokushima/A3601/A360101/36000011/

うだつの町並を散策

脇町と言えば「うだつ(卯建)」が上がらないの語源のうだつが
数多く残されています。
IMG_5450


IMG_5452

うだつのある家が多い=当時の脇町の繁栄ぶりを物語っています。
吉野川の水運に恵まれ、藍の積出し港として栄え、一時は百を超える藍商人たちが栄華を極めていたそうです。
IMG_5460

ここ藍蔵では、脇町ならではの土産などが販売されているので
お薦めです。
IMG_5464

昔ながらの町並が続いていて、映画のワンシーンにもピッタリの通り。
IMG_5467

古民家を利用した古民家喫茶や土産店などもありますが、
景観を尊重してか派手な看板ではないです。
IMG_5470

情緒ある通りを行ったり来たりしました。
IMG_5478

うだつも様々な種類があり、それの違いを探していくのも楽しめます。
IMG_5483

道の駅藍ランドうだつ〜オデオン座へ

徳島県美馬市脇町と言えば、町家の両端に本瓦葺きで漆喰塗りの
「うだつ」で有名です。
http://www.city.mima.lg.jp/kankou/kankouannai/miru/0002.html
道の駅藍ランドうだつに車を停めてレトロな町並み散策スタートです
98

この茶里庵は祖谷の郷土料理の蕎麦米雑炊が食べられる店で賑わっていました。
茶里庵 http://www.mima-kankou.jp/modules/pico3/index.php/sarian.html
象印蕎麦米雑炊レシピ http://www.zojirushi.co.jp/usual/local/02.html
99

うだつの町並みの東の川沿いは落ち着いた佇まいです。
100

川沿いのオデオン座は、山田洋次監督、西田敏行主演、吉岡秀隆始め蒼々たるキャストの虹をつかむ男のロケ地となりました。
102

103

虹をつかむ男 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%82%80%E7%94%B7

キラリと光る吉野川沿いの道の駅「貞光ゆうゆう館」

テニスコートやパークゴルフ場などもある貞光ゆうゆう館へは、眈昌堝發らだと塩江街道を南に下り、脇町の吉野川を渡って右手に曲がります。
1

入れ替わり立ち替わり車が入ってきていました。産直は品数豊富で野菜も安く、近くにあれば毎週通いたいです。店内は人が多かったので撮影は控えました。
web http://xn--p8ja4qb6403b2n0efmsa.jp/index.html
2

産直の直ぐ隣にある高さ23mのシンボルタワーは階段のみですが、
上からは吉野川沿いの町のゆったりとした景色を満喫できます。
IMG_5454

暑さのせいかテニスコートは誰もいません。ナイターもあるので
夕方以降は涼しそう。
IMG_5457

川沿いの風が、とても心地よかったです。
IMG_5458

産直では半田素麺も数多く販売されていました。
半田手延べそうめん協同組合 http://handasoumen-kumiai.jp/

真夏の阿波踊り

全国のマスコミに連日報道された阿波踊り、総踊りが開催された13日の翌日訪れました。有料の桟敷席が4カ所、それ以外にも演舞場が幾つかあります。
IMG_5399

今回は無料の演舞場+街角踊りを楽しんできましたまずは新町橋演舞場。開始時間の18時前から熱気が伝わってきました。
IMG_5401

踊りの始まりです。どこにいても聞こえてくる鳴り物の音に気分も
盛り上がります
IMG_5403













阿波踊りのひょうたん島クルーズも、普段とは違った眺めなので
興味があったのですが長蛇の列
IMG_5411

SOGO前の元町演舞場からの夕焼け。ここから祭りの夜は
ヒートアップしました
IMG_5416

徳島の中心部の歩行者天国の至る所が演舞場に変身する阿波踊り、自由に踊って楽しむことができる、それが多くの人を引きつけていると感じました。
IMG_5419
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ