さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

淡路島

セルフビルドの海辺のカフェレストラン海 淡路島

淡路島を訪れる前に、通るエリアでたまたま見つけた「カフェレストラン海淡路島」。ライトは回転していませんが、営業中でランチに早い時間だったので珈琲でもと立ち寄りました。
1

駐車場から数十mで店の入り口。手作り感を感じさせてくれます
2

重厚なテーブルに清潔な店内、10時過ぎで団体のお客様が
帰った後のタイミングでした。
30

窓の向こうに大阪湾が一望できます。
31

2階もあるようです。
32

テラス席もあり、どこに座っても満足できます。
IMG_5906

海を眺めながら落ち着いた店内でのアイスコーヒー美味しかったです。次回はモーニングかランチで訪れたいです
IMG_5911

テラス席から海をぼーっと眺める。贅沢な時間を過ごすことができる
場所です。
IMG_5919

同店facebookに掲載のパンフレットです。
22141031

オーナーの人柄が伝わってくる紹介記事を読んで、ますます再訪したくなりました。(クリックで拡大します)
34703314

南あわじ市のお薦めスポット

淡路島南部の福良港周は、海鮮やシフォンケーキの店に足湯など観光客が訪れるスポットです。 寒空の下でも行列のできるG・エルムを訪れました。
食べログ https://tabelog.com/hyogo/A2806/A280603/28008414/

IMG_3461

ここから鳴門海峡の渦潮クルーズの舩が出ています。
http://www.uzu-shio.com/
IMG_3473

淡路島を離れる前に訪れたのは、「ショップ うずのくに」
IMG_3474

以前訪れた時は、普通の道の駅みたいな印象でしたが、魅力的なショップになっていました。
IMG_3475

品揃えも豊富で、どれを買おうか迷ってしまいます。
IMG_3477

IMG_3478

買い物の後は、大鳴門橋まで歩いていけます。
IMG_3482

IMG_3485

福良港方面の海、とても綺麗な色です。
IMG_3488

巨大な橋を実感できました。
IMG_3489

鳴門海峡、次回はクルーズもしてみたくなりました。
IMG_3492

洲本城からの大阪湾

洲本城を訪れました。大阪の陣以降淡路島は、阿波蜂須賀家の所領で家老の稲田氏が統治していました。
IMG_3434

IMG_3436

稲田家1万4千石の居城にしては、規模が大きい本丸ですが、その前の池田家時代に大阪や西国大名への抑えとして主要部が構築されました。
IMG_3438

IMG_3439

本丸の天守は模擬天守です。
IMG_3442

これを見て実際に歩くと、改めて洲本城の巨大さが分かります。
IMG_3443

IMG_3444

洲本市内中心部も一望できます。
IMG_3447

大阪湾も。
IMG_3449

洲本の温泉街も一望できる場所なので、天気の良い日の淡路島観光に欠かせない場所です。
IMG_3459

あわじ花さじきの コスモスin花畑

淡路島北部にある「あわじ花さじき」を訪れました。四国方面からですと、東浦インターを下りて右折し山道を行くのが最短です。
花さじきweb 
http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/index.php?nw_typ=2

毎回感動する、ここからの眺め。圧巻です
IMG_3365

季節により、様々な色とりどりの花を見ることができます。
IMG_3367

ここで記念撮影をするのも良し。ここから花畑の写真を撮るのも良し。
IMG_3372

ここに来た人が皆笑顔なのは、この花のせいでしょう。
IMG_3377

NHK連続ドラマ「あさが来た」の最終回のロケ地が、ここです。放映時の満開の菜の花でした。
IMG_3382

今はコスモスの花畑です。
IMG_3394

かなり下まで降りて来ましたが、綺麗な花を見ると帰りの登りも
苦になりませんでした。
IMG_3395

ドラマの1シーンのようです。
IMG_3396

左右上下に斜面を歩き回り、コスモスに元気を貰えました
IMG_3399

IMG_3403

サルビアとコスモスの対比を考えて植えたのでしょう。
IMG_3404

サルビアもとても綺麗でした。季節に応じて、様々な花を見に訪れたいです。
IMG_3407

淡路島 百人一首の松帆の浦

明石海峡大橋を望む場所にある松帆の浦は、小倉百人一首の選者の藤原定家の歌で知られている場所です。

来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに
 焼くや 藻塩(もしほ)の 身もこがれつつ 権中納言定家

現代語訳 松帆の浦の夕なぎの時に焼いている藻塩のように、私の身は 来てはくれない人を想って、恋い焦がれているのです。
IMG_2435

当時は無かった明石海峡大橋がありますが、この橋を違った角度から見るのも新鮮でした。
IMG_2436

いつもは橋の上からの海峡や、明石大橋直下の道の駅からの
眺めとも違う眺め。
IMG_2437

IMG_2439

百人一首に関連した石碑がありましたが、海峡間近のせいか刻まれた文字は判別が難しかったです。
IMG_2443

IMG_2448

釣りをしている人もいましたが、須磨も一望でき明石大橋を満喫でき、歌が詠まれた当時に思いを馳せることができる場所です。
IMG_2452

神戸淡路鳴門道

高速バスの移動は、普段運転している時には見ることのできない
景色をゆっくり満喫できるので気にいっています。
早朝の淡路島の東側からの朝陽です。淡路島の東側に住む人には
日常の眺めでも、自分には新鮮です。
1
明石海峡大橋から朝陽に照らされた防波堤です。大学時代にこの防波堤で釣りをしましたが、ボウズだったのが昨日のことのように思い出されました。
2
日を改めて帰りの時の明石海峡
5
あわじ市東浦にあるメガソーラー発電所です。日本一狭い香川県でも太陽光発電所が建設されています。
6
鳴門海峡に入りましたが相変わらずの激流です。
8
渦潮を突き進む船観潮船に乗りここを横切りましたが、
思ったほど揺れなかったです。
10
この島に渡り魚釣りをすれば大漁なのか?仕掛けが激流に流され
ボウズなのか?微妙です。
12

淡路島の味覚

淡路島は延喜式で御食国(みけつくに)と記述されていますが、今でも美味しい食べ物がたくさんあります。淡路市富島にある魚増鮮魚店は、穴子を焼いて販売していますが絶品です。洲本に海鮮食堂も開いています。http://www.awaji-is.or.jp/uomasu/kaisen/
no title













以前14時前に行って売り切れだったので、この日は開店間もない9時過ぎに訪れました。量り売りですが4匹1,300円程度で、ご飯持参でこの日の昼は淡路島公園で穴子丼でした
1













淡路島に行くと必ず寄るのが淡路市群家のマンション1階にある「肉のよしおか」です。新鮮で美味しい肉が安価で販売されていて、淡路島に行く時は毎回クーラー持参で寄り道します。
web http://www.wagyutei.com/index.html
IMG_0001













玉葱も購入して毎朝スライスして冷蔵庫で寝かせて夕食時に使う
日々が暫く続いています。
IMG_0004

淡路島公園

淡路島の北部にある淡路島公園は水の遊び場、ふわふわドームやローラースライダー芝生広場のある子供と出かけるにはいい場所です。
IMG_0022













駐車場の下の方にある噴水から、水の遊び場に流れています。
IMG_0023













水の遊び場ですが、子供にとって最高の遊び場です。
IMG_0024













メインの場所が見えます。
IMG_0030













ふわふわドームは子供だけでなく大人も十分に楽しめます
IMG_0031













スライダーはスリルあって何度も滑りました。
IMG_0037













スライダーは下から見るとかなり登らないといけないと思うのですが、いざ登ると傾斜も急でなく手頃です。
IMG_0040













淡路島公園web http://www.hyogo-park.or.jp/awajishima/contents/sisetsu/interaction.html
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ