竹富島では、水牛車で島内を巡りながら三線による民謡を聞くことができます。サイクリングの途中で新田観光の水牛車を利用しました。
web http://nitta-k.net/
IMG_3880

受付で1,200円を払い乗り場に向かうと。
IMG_3919

水牛が歩いてきました
IMG_3922

当たり前ですが、牛との距離が近いです
IMG_3926

美女として知られた安里屋クマヤの生家。安里屋ユンタで歌われ
続けています。
IMG_3932

IMG_3933

三線による歌を聞きながらの、牛歩の竹富巡り良かったです
IMG_3935

竹富島は、ミンサー帯や芭蕉布など伝統的な織物が受け継がれている島としても知られています。ここ竹富民芸館では、芭蕉布が織りあがるまでの作業工程を紹介したり、機織りの実演も見学できるそうです。
IMG_3942

丸1日過ごしても、散策できないほど見所満載の島だと思います。
IMG_3943

次の便も定員一杯で大人気でした
IMG_3885