高松塚古墳が発見された当時、付近の住民から「近くに似たような古墳がある」と知らされ、これがキトラ古墳の発掘調査に繋がる糸口となりました。
IMG_2841

キトラ古墳壁画館の前に駐車場があり、道路の下の地下通路を通り、まずはキトラ古墳に向かいました。目に入った古墳は、思っていたより小さかったです。
IMG_2846-1

終末期古墳で、古墳時代前期の巨大な前方後円墳から円墳や方墳へと形が変わり、古墳そのものも小さくなった7世紀末〜8世紀初め頃に造られたと推測されています。
IMG_2847

平成16年調査時の石室内部の写真ですが、普通の古墳の石室とは完全に違うことが伺えます。
IMG_2850

発掘調査時の石室と墓道ですが、この先に鮮やかな壁画がありました。
IMG_2851

壁画館にある石室の復元模型ですが、石舞台古墳と比べると石室は小さいです。
IMG_2854

日本の壁画古墳で、獣頭人身十二支像が描かれているのはキトラ古墳だけであり、被葬者が誰だったのかなど、古代のロマンに惹かれて多くの人が訪れていました。
IMG_2855

壁画の保存を最優先として、ファイバースコープ等を使った当時最先端の調査が行われました。
IMG_2857

IMG_2858

キトラ古墳web https://www.asuka-park.go.jp/kitora/