井伊 直弼と言えば、幕末の歴史舞台には必ず登場する人物です。近江彦根藩の第15代藩主井伊直中の十四男として生まれ、本来であれば藩主の座に就くことは無かった立場で、300俵の部屋住みとして住んでいた屋敷が、「埋木舎」です。
IMG_8829

ここが、17歳から32歳までの15年間を井伊 直弼が過ごした屋敷です。
IMG_8830

現在の所有者は、井伊家の家臣だった大久保家です。
IMG_8831

IMG_8832

ここでひたすら茶道や和歌、鼓、禅、兵学、居合術などを熱心に学んでいました。
IMG_8834

藩主になる可能性もほぼ無い日々で、ひたすら自らを高めた日々、どのような気持ちで生活していたのかなと感じました。
IMG_8835

ここは木村拓哉主演の映画「武士の一分」でもロケ地として使われております。
IMG_8836

井伊 直弼wiki記事
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%BC%8A%E7%9B%B4%E5%BC%BC