清水寺から八坂の塔に向かう途中にある「文の助茶屋」
IMG_2770

明治末期に人情ばなしの落語曽呂利新左衛門の門弟二代目桂文之助が境内に長年愛用した扇子を納めた扇塚を建てたのが所以で甘酒茶屋を始めたのが起源です。
IMG_2775

目立つ入口に興味を惹かれました。
IMG_2777

店内は外で飲食できる場所もありますが、寒い時期には
IMG_2779

落語に関する店のせいか店内は、落語を連想させるものが陳列されています。
IMG_2783

この日頼んだのは、ところてん
IMG_2784

アイスや白玉などのセットでしたが、どれも絶品でした。
IMG_2788

文の助茶屋web http://www.bunnosuke.jp/eccube/