さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

屋島獅子の霊巌からの瀬戸内海

屋島のれいがん茶屋からの瀬戸内海は絶景です。
IMG_9566

高松の街並、瀬戸内の地方都市ならではの優しい眺め。
IMG_9567

瀬戸内海に沈む夕焼けを撮影する人が多いと、途中の売店の方から
聞いたので次回は夕焼けを撮りに来たいです。
IMG_9570

女木島男木島。
IMG_9572

男木島、再度ゆっくり訪れたいです。
IMG_9574


屋島寺から獅子の霊巌まで散策

84番札所屋島寺は天平勝宝のころ鑑真和上によって開創され、815年弘法大師g嵯峨天皇の勅願を受けて屋島寺を訪ね、北嶺にあった伽藍を現在地の南嶺に移し、十一面千手観音像を彫造し、本尊として安置したと伝えられています。

IMG_9550

参拝を終え南の門に向かいます。
IMG_9554

土産物店が軒を連ねている通り、まばらな人影でした。
IMG_9558

以前のように多くの人が行き交うようになって欲しいです。
IMG_9559

れいがん茶屋からの瀬戸内海からの眺めは素敵です。
IMG_9560

れいがん茶屋でのイイダコ楽しみにしてるのですが、来春まで休業中でした。
IMG_9560 (2)

屋島山上駐車場

源平合戦の地、屋島を訪れました。瀬戸大橋開通の年には213万人が訪れていたのですが、平成30年には49万人弱と最盛期に比べると寂しさを感じます。
https://www.my-kagawa.jp/files/user/site/fa0674db5990290a5fd6c08daf5b2d116c6deb41.pdf#search='%E5%B1%8B%E5%B3%B6+%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%AE%A2%E6%95%B0'
16

山頂駐車場は3割程度埋まっているのみで、香川發多かったです。
18

片隅で工事をしていました。
20

高松市屋島山上拠点施設建設工事で、来年春には新しい屋島山上に生まれ変わります。

25

前山おへんろ交流サロン

道の駅ながおの反対側にある前山おへんろ交流サロンは、空海とお遍路に関する資料を展示するとともに、結願の寺大窪寺に向かうお遍路さんのくつろぎの場所でもあります。
IMG_9541

京を出て数ヶ月、長安に着いたのは12月23日、当時は今よりも厳しい冬だったでしょう。
IMG_9542

館内には空海が滞在した青龍寺を復元した模型が展示されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E9%BE%8D%E5%AF%BA_(%E8%A5%BF%E5%AE%89%E5%B8%82)

コロナが収束した後、現地を訪れるようになることを願いました。
IMG_9545

IMG_9546

道の駅ながお 2つの直売所

大窪寺に向かう途中にある「道の駅ながお」は新鮮野菜をお手頃価格で買える場所です。

IMG_9539

駐車場から山側を見るとのぼりが目に入りました。
IMG_9536

さぬき市シルバー人材センターが運営する地場産品直売所です
IMG_9537

坂から左手に折れると綺麗に手入れされた道があります。IMG_9538

ここから先の店内の様子は以下で、じっくり確認してください。
道の駅ながおに立ち寄るなら併せて訪れたい直売所です。

空海ゆかりの京都の神護寺を訪れました

京都市の北西にある愛宕山の中腹に位置する神護寺は、空海が東寺や高野山の経営に当たる前に一時住した寺で、最澄もここで法華経の講義をしたことがあるなど、日本仏教史上重要な寺院です。

駐車場に車を停めると係の人が車の發鮓て、香川からですか、
ここ神護寺は空海ゆかりのお寺なんですよと、簡単に神護寺について
説明してくれました
清滝川に架かる高雄橋を渡った時には、意気揚々でした。
IMG_9471

長い石段を登り続け受付にたどり着きました。石段の連続で道中写真を撮る余裕もなく、ひたすら歩いて標高で100m程上がりました
IMG_9480

境内は広く手入れが行き届いており、荘厳な気持ちになります。
IMG_9482

本堂を右手に大師堂に向かいました。
IMG_9486

秋には綺麗な紅葉を楽しむことができるはずです。
IMG_9488

瓦投げをした場所から下を眺めると駐車場の隣を流れていた川が、
遙か下に見えます。
これだけの標高を登ったことに改めて驚きました。
IMG_9494

金堂は1934年に実業家山口玄洞氏の寄進で建てられたそうです。
IMG_9502

帰りは下りなので快適です。
IMG_9504

高雄橋まで下りてきました。
IMG_9507

暑い日だと、この清流でひと泳ぎしたくなる往復です。
IMG_9509
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ