さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

大阪城を散策

梅田から地下鉄で天満橋まで行き、徒歩で大阪城に向かいました。
大手前付近からの乾櫓。堀の幅が広いです。
IMG_4484

坤櫓(ひつじさるやぐら)跡の向こうが天守閣。
IMG_4485

大阪城には、このような巨石が何か所もありますが、
権勢の象徴だったとも言えます。
IMG_4489

本当に広大な大阪城。
IMG_4491

天守閣を背景に、多くの外国人が記念撮影をしていました。
IMG_4494

IMG_4495

天守閣にはエレベーターで上がれますが長蛇の列
階段で最上階まで行きました
IMG_4496

この後は内堀を渡った先の廓後に向かいました。
IMG_4497


web http://osakacastlepark.jp/
最上階の土産ショップは混雑していましたが、1階のショップではスムーズに
買うことができました。

引田のひな祭り

毎年春の訪れを告げる東かがわ市引田のひな祭りは多くの人が
訪れるイベントです。
IMG_4453

手袋ギャラリーもひな祭りバージョン。
IMG_4454

こちらは仁尾の八朔祭りで展示される飾りです。
IMG_4461

普段生活しているスペースが展示スペースになっています。
手作り感一杯の引田のひな祭りの魅力なのかも知れません。
IMG_4466

準備するのに手間がかかったでしょう
IMG_4475

IMG_4476

町中が雛飾りとなる引田の春を告げる行事。
IMG_4478

春を探しに訪れるのにお薦めの場所です。
IMG_4480

この日は10時過ぎに旧引田小跡地の駐車場に着くと、8割程埋まっており、11時半頃には駐車場に入ろうとする車の列ができていましたので、早めのお出かけがお薦めです。

瓦町の美味しいLima coffee

神戸元町にあるLima coffee、南京町とセットで訪れていた珈琲の
美味しい店ですが、その味が高松で味わえようになりました。
http://limacoffee.jp/
1

店内は広く、落ち着いた雰囲気です。
2

1人でもゆったり過ごすことができる空間。
23

この日訪れたのは午後3時過ぎ、この後次々と女性客を中心に
席が埋まりました。
25

KENYA珈琲。
26

とても美味しかったです。帰りにDORIP珈琲を買い、
家でもこの味を味わっています。
28

岡山名物 えびめし

岡山県倉敷市を訪れる機会があったので、ランチの店を探していると「えびめし」と言う聞きなれない料理を見つけました。調べると、ご飯に海老などの具を入れて油炒めしソース味に仕上げた料理で、焼き飯やピラフの一種で、岡山市の郷土料理として有名のようです。
この日訪れたのは、えびめしや 笹沖店。
https://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33005725/
IMG_4382

ハンバーグプレートを注文しました。
IMG_4385

ハンバーグプレートは普通のえびめしよりご飯は少な目。瀬戸大橋を渡ってでも食べたい味です
IMG_4387

えびめし美味しかったです次回は、えびめし大盛を食べたいです
IMG_4390

紫雲出山の山頂にある喫茶店

三豊市の荘内半島先端にある紫雲出山は標高352mあります。
山頂近くの駐車場迄上ると登山道の入り口にある素敵な看板。
IMG_4392

この看板から徒歩10分で紫雲出山遺跡館喫茶コーナーがあります。たまたま自分以外に来客が無く、この空間を独占して珈琲を飲みながら読書をしました。
IMG_4393

右手には瀬戸大橋や水島の工業地帯も見えます。
IMG_4394

左手奥には福山市や鞆の浦も見ることができる見晴らしの良い場所です。
IMG_4395

ゆっくり読書した後、店の隣から瀬戸内海を眺めました。
IMG_4397

多島美を満喫するには絶好の場所です。
IMG_4398

たまに訪れたくなる場所です。
IMG_4402

web http://www.mitoyo-kanko.com/?p=1252

坂出の牡蠣焼き〜みき水産

坂出市王越にある「みき水産」では刺身や天婦羅の定食メニューを
堪能できますが、冬は多くの人が牡蠣の食べ放題に訪れます。
そろそろシーズンも終わりの牡蠣焼。
IMG_4414

水槽の牡蠣と牡蠣焼きの磯の香が気持ちを盛り上げてくれます。
IMG_4416

牡蠣を鉄板に並べて蓋をして蒸し焼きです。
店員の方の説明は以下のとおりでした。
最初は鉄板の温度が低いので15分程かかりますが、その後は蓋をして幾つかの牡蠣の殻が開いたら大丈夫。開いてない牡蠣も蓋の中で蒸された条件が同じなので食べられます。
IMG_4417

焼けた牡蠣を鉄板の端に寄せて、真ん中に再度牡蠣を投入して
蓋をします。
IMG_4420

食べ終わる頃には蓋の中の牡蠣が焼けているの繰り返し。
IMG_4421

ジューシーな牡蠣
IMG_4422

ポン酢を始めトッピングも数種類あるので、様々な味を楽しめます。
IMG_4423

太巻きも5切れついていますが、この太巻きを買いに来る人が
いるのも納得の美味しさです。
IMG_4423-1

味噌汁もあるので焼いた牡蠣を入れてみました。
IMG_4424

みき水産食べログ
https://tabelog.com/kagawa/A3702/A370201/37005780/

記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ