さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

高松城天守閣

高松城本丸の天守閣跡の小さな展望台に歩を進めると。
IMG_7182

そこからの眺めは海城の名のとおり目の前に海を見ることができます。
IMG_7185

高松城の歴史と天守台石垣修理の説明。天守閣が復元されるのは
いつになるのでしょうか。
IMG_7186

趣ある小径を歩いて、堀を挟んだ天守台東に向かいます。
IMG_7194

江戸時代に高松沖を行き交う船から見る天守閣は、
高松のシンボルだったはずです。
IMG_7196

高松城web http://www.takamatsujyo.com/index.htm

高松城本丸を散策

高松城本丸に向けて歩きました。
IMG_7171

本丸手前には鞘橋があり、有事の際にこの橋を落として本丸を防衛できました。ただ多くの城攻めの例のとおり、ここまで攻め込まれると勝機を見いだすのは皆無だったかも知れません。
IMG_7173

琴電高松築港駅を横目に歩を進めます。
IMG_7174

先ほど訪れた飛雲閣。
IMG_7176

天守台まであと少しです。
IMG_7177

この石段見た目は登りにくそうでしたが、安全に登ることができました。
IMG_7178

それほど広くはないのですが、天守閣がありし日に思いを馳せました。
天守閣復元web
http://www.takamatsujyo.com/tensyukaku.htm

IMG_7180


高松城披雲閣

高松城披雲閣は、江戸時代にもこの場所に、約2倍の規模で政務が行われる場所、藩主が生活する場所として「披雲閣」という名前の御殿がありました。
現在の披雲閣は、明治維新後、老朽化を理由に取り壊された旧披雲閣を高松松平家の12代当主鮗伯爵が、3年余りの歳月をかけ大正6年(1917年)に完成したものです。
IMG_7150

建物横の看板には、昭和天皇・皇后両陛下が宿泊されたとも書かれている由緒ある建物です。
IMG_7160

建物の裏側に歩を進めました。
IMG_7164

綺麗に整備された庭園、藩主が日々眺めていたに違いないです。
IMG_7162

更に奥に進むと月見櫓があります。
IMG_7165

この櫓の直ぐ北は海だったため、この櫓の門は監視という重要な任務を担っていたようです。
IMG_7166

来た道を戻り、披雲閣を裏から撮影しました。
IMG_7167

それぞれの部屋は有料で能の練習を始め様々な行事で利用されていますが、ただ寝そべりたいからとの理由で利用できるなら利用したいです
IMG_7198

玉藻公園(旧高松城)を散策

暑い日の続く中、玉藻公園を訪れました。1587年讃岐1国の領主と
なった生駒親正により、「野原」と呼ばれた港町に築かれ、現在の
遺構は、江戸初期に徳川光圀の兄で常陸国から12万石で高松に
移封された松平頼重によって改修されました。
1

車で訪れる場合は、内堀の隣の専用駐車場を利用できます。
2

東門から入りましたが、マップの上部には「タイのエサやり体験」とありますが、高松城は海城のとおり内堀にはタイなど海水に生息する魚が見られます。
3

堅固に積まれた石垣を横目に進むと。
6

艮(うしとら)櫓が飛び込んできます。艮の方角にあるから付けられたのでしょうか。
7

現在高松城は内堀と中堀の一部が城跡を取り囲んでいますが、三越南の外堀が取り囲んでいました。
8

現在の地図に赤線で示したのが、高松城外堀跡ですが、かなり広い面積のお城だったことが分かりました。(クリックすると拡大します。)
無題

高松城web http://www.takamatsujyo.com/

朝日を浴びながらの健康ウォーク

さぬき市津田の松原の健康ウォーク、この日も開始です
IMG_7211

曇りの日が多かったのですが、久々に朝日を見ることができました。
IMG_7212

太陽は出ていても、潮風が心地よくて涼しい位でした。
IMG_7217

綺麗な砂浜、毎回歩いても受ける印象が異なりますが綺麗です。
IMG_7221

クアタラソさぬき津田では、この海でシーカヤック教室やSUP(Stand Up Paddleboard)⇒ボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進んでいく教室もあるので、参加してみたいです。
クアタラソさぬき津田web https://q-t.anabuki-enter.jp/
IMG_7222

早朝の健康ウォーク、病みつきになっています
IMG_7225

お遍路第1番札所 霊山寺 と門前のなるちゅるうどん

四国88ヶ所の第1番札所の霊山寺、お遍路を始める人が
最初に通る門です。
IMG_7148

厳かな気持ちで境内を歩きました。
IMG_7150

参拝を終え門を出ると右手に「うどん」の」幟が
IMG_7151

土産物店やうどん屋があり、うどんは注文時に支払いをするシステムです。
IMG_7153

わかめうどん。鳴門ですので、讃岐うどんと異なる「鳴ちゅるうどん」.
美味しかったです
IMG_7154

鳴ちゅるうどんはこちらで紹介されています。
http://www.naruto-kankou.jp/feature/narutyuru.html

近くに鳴門市ドイツ館もあるので、時間があれば立ち寄ってみるのもお薦めです
web http://doitsukan.com/
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ