さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

新居浜からの高速手前の養鶏場の新鮮玉子

新居浜市を訪れると高速に乗る前に立ち寄る養鶏場直営の玉子販売所。
1000

新居浜インターの手前にある橋を左折した川沿いの場所。
1002

店舗形態でなく自動販売機で購入するので、小銭は必須です。
1005

ジャンボ玉子や赤玉子など、どれにするのか迷いました
1008

ジャンボ玉子を選んでおでんで使いましたが、かなりボリュームのある卵でした
1080

善通寺を散策して昼食はうどん

善通寺は弘法大師生誕の地にある歴史あるお寺です。
8

その境内にある楠は弘法大師が生誕された頃からあったとの伝承があり、とても大きいです。
10

ここを訪れる人達を見守ってきた楠に願いを込めるとパワーを貰えるかも知れません。
14

赤門筋商店街は歩くだけで癒やされる通りですので、時間があれば
ふらりと歩いてください
12

昼食時だったので善通寺市生野本町2-4-14にある「たまや」に
行きました。もう50年以上は地元に根ざして愛されている店。
15

月見うどんを注文しましたが美味しかったです
16


色鮮やかなちらし寿司もボリューム満点で美味しくいただくことができました
17

父母ヶ浜近くの絶品グルメ

父母ヶ浜はインスタ映えで干潮の時間帯には県内外から多くの人が
撮影に訪れる場所です。
父母ヶ浜がメジャーになる前の1981年(昭和56年)から営業をしている「小前のたこ判」。以前は美容院をしていました。
IMG_6322

レトロ感溢れる店内
IMG_6326

創業当時のメニュー表に店の重みがあります。
IMG_6328

創業時80円のたこ判が38年で125円。低価格で提供してきた
コスパ満点の味です
IMG_6329

久々の卵たこ判
IMG_6333

毎回綺麗に上下をセットで食べることができずに、ひたすらかぶりつくのが醍醐味です。
IMG_6335

食べログ 
https://tabelog.com/kagawa/A3703/A370303/37002326/

小松島市のボリューム満点のシラス丼

徳島県小松島市にある小松海産直営の「小松屋」は、海に面して
車から降り立つなり汐の香りが漂うロケーションです。
IMG_6222

11時から営業なので開店と同時に店に入りました。
昼時は混雑しているようです。
IMG_6300

壁に様々なメニューが貼られている中。
IMG_6306

シラス丼の写真が飛び込んで来ました
IMG_6307

シラスはスーパーで目にするより倍以上もある大きさで、ご飯にたどり着くまで大量にありましたこの時期は生シラスはないのですが、釜揚げシラスでも十分満足な料理です。
IMG_6311

好みで醤油をかけて、じっくり味わいました
IMG_6315

シラスが入った汁も美味しかったです
IMG_6316

酢ガキはとても大きく広島から取り寄せの絶品
IMG_6310

小松海産 http://www.komatsukaisan.jp/

道後にある南予の郷土料理の店

道後温泉近くで愛媛県南予の郷土料理である鯛めしやさつまめしを
食べることができる店があるので訪れました。
かどや道後店 http://www.kadoya-taimeshi.com/
IMG_6280

看板にある鯛めしを来店した人の多くが注文していました。
IMG_6282

一品料理の亀の手も宇和島の居酒屋では良く目にします。
IMG_6290

鯛めしではなく、焼き魚と麦味噌をすり合わせた汁をご飯にぶっかける「さつまめし」にしました。
南予一般の家庭料理で、もともと漁師が船上で魚入りの濃厚な味噌汁を麦飯にかけ、食べていたのが始まりといわれます。見た目は素朴ですが、2度3度と食べれば忘れられない味となる奥の深い一品です。
IMG_6291

それほど待たずに出てきたさつまめし
IMG_6293

この汁だけ飲んでも美味しいですが、ご飯にかけると美味しさは
更に増します。
IMG_6294

本当に美味しかったです。香川で提供している店を知らないので
また訪れたいです。
IMG_6295

食後は運動を兼ねて伊佐爾波神社に向かいました。
IMG_6298

振り返ると正面に伊予鉄道後駅が見えます。
IMG_6300

立派な社殿には入れ替わり立ち代わり多くの人が訪れていました。
IMG_6302

歴代松山藩主からの厚い信仰を受けていた由緒あるこの神社から
見える松山城にも、この日多くの観光客が訪れていたでしょう。
IMG_6303

冬の風物詩志度湾の「牡蠣焼き」

寒い冬しか味わえない牡蠣焼き「かくれ家」。暖簾の先には牡蠣焼きの香ばしい磯の香りが待っています
IMG_6275

先ずは刺身から新鮮なプリプリの食感
IMG_6278

足元に置かれた牡蠣を鉄板の上に並べて焼いていきました。
IMG_6277

IMG_6279

牡蠣を焼いている間、牡蠣フライが入った牡蠣汁を味わいました。
IMG_6281

レモンや醤油をかけて食べるのも美味しいですが、そのままでも満足できました。
今年は昨年より小ぶりなのは、昨年の気候のせいなのでしょうか?
IMG_6280

これは昨年訪れた際の牡蠣です。
IMG_6280-1

たくさん牡蠣を食べた後で牡蠣がたっぷりと入った牡蠣飯。一粒一粒味わいながら満喫しました
IMG_6284

ちなみに近くにある牡蠣焼きわたなべは、牡蠣の水揚げ量の減少に伴い1/20で新規予約受付は終了したそうです。
→ https://kakiyakiwatanabe.com/
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ