さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

三豊市豊中町の古墳

高速道路の豊中インターを観音寺方向に走っていると見かける、こんもりとした小山。古墳ではないかと以前から気になっていました。
高速の直ぐ南の延命院というお寺の駐車場に車を停めました。
IMG_2212

田園地帯なのですが、思った以上に立派な建物で。
IMG_2213

門構えも立派です。
IMG_2215

門の右手に古墳らしき墳丘があり、延命古墳と呼ばれています。
IMG_2216

国指定史跡に指定されることになった大野原古墳群の被葬者とも関わりがあったのかも知れません。
IMG_2217

被葬者は見渡せる周囲一帯を支配していたのでしょう。
IMG_2219

善通寺自衛隊の駐屯祭

県外の友人を連れて善通寺を訪れました。駐車場からふと南を見るとパラシュートが降下していました。
IMG_2168

善通寺御影堂は弘法大師が御誕生された佐伯家の邸宅地だったと
言われています。
IMG_2169

境内を歩いていると砲弾の音が度々聞こえてくるので、その方向に
足を向けると物々しい様子です。
IMG_2171

自衛隊の駐屯祭は、従来駐屯地内でパレードしていたのですが、
今年は市内の道路をパレードしました。
IMG_2174

ズラリと並んだ車両が壮観です。
IMG_2174

IMG_2176

路地裏ではパレードに備えて隊員が待機していました。
IMG_2178

もっと先の方であれば、正面から見ることができたのでしょうが、ここでも迫力は十分伝わりました。
IMG_2189

IMG_2193

ヘリコプターも低空飛行で飛んでいました。
IMG_2195

最後は戦車の走行。滅多に見ることができないパレードを見ることができ、訪れた人も満足そうでした。
IMG_2198

牛鬼が迎えてくれる宇和島の郷土料理

宇和島の知人に推薦された和日輔(わびすけ)を訪れました。
和日輔web http://www.sk-wabisuke.com/
IMG_2006

宇和島と言えば牛鬼祭りが有名ですが、店先で訪問客出迎えてくれます。
IMG_2006-1

個室は事前に予約すると確実です。
IMG_2007

メニューにあった「せい」と「にな」を注文しました。
IMG_2012

せいとは、別名亀の手で、香川では食べる機会が少なく。
IMG_2017

になは香川の海岸でも獲れるのですが、口にする機会は久々でした。
IMG_2018

宇和島に来たので郷土料理の鯛めしかさつま汁にしようか悩みましたが
IMG_2021

IMG_2022

さつま汁を注文しました。
IMG_2023

白身魚をすり潰した汁に薬味を入れ。
IMG_2025

ご飯にかけて食べるのですが、とても美味しかったです
IMG_2026

鍋のしめの雑炊は、一旦鍋を下げて調理して提供してくれました。
とても美味しかったです
IMG_2035

小京都の臥龍山荘

大洲の臥龍山荘への道は、小京都らしさを楽しめます
IMG_1973

IMG_1994

臥龍山荘は肱川沿いにある静かな場所にありました。
IMG_1974

有名な戦国武将渡辺勘兵衛の屋敷もこの辺りにあったそうです。とても広大な敷地だったそうです。
IMG_1975

初めての臥龍山荘、思った以上に満喫できました。
IMG_1978

IMG_1987

趣を感じられる空間に魅せられ。
IMG_1979

肱川のゆったりした眺めが借景。
IMG_1990

ここを訪れた人達が皆、足を止めてこの清流を心ゆくまで満喫していました。
IMG_1991


web http://www.garyusanso.jp/

大洲の東京ラブストーリー最終回のロケ地

小京都大洲は、昔ながらの町並みが残る落ち着いた場所です。
IMG_1948

ここは、東京ラブストーリー最終回でリカとカンチが歩いた場所です。台風の日について語る織田裕二の台詞が思い出されました。
IMG_1951

レンガ館とポコペン横丁は隣接しています。
IMG_1954

IMG_1956

昭和の風景が再現された場所で、小さな子供にも大人にも十分刺激的です。
IMG_1959

IMG_1961

近くには東京ラブストーリー最終回で、リカがカンチへの最後の手紙を投函したポストがあります。
IMG_1965

放映時は民家があったのですが、今は更地。
IMG_1967

今も現役で頑張っています。
IMG_1969

亀鶴公園の早朝の満開桜を独り占め

さぬき市長尾にある亀鶴公園は、桜の名所として有名で週末には多くの人が訪れる場所です。
そんな有名スポットも早朝は、散布をする人がちらほらいる位で、桜をゆっくり眺めながら散策できます。
IMG_2122

6時半過ぎの桜並木は、誰もいなくて本当にじっくりと満開の桜を見ることができました。
IMG_2124

IMG_2126

荘厳かつ贅沢な時間を過ごすことができ、朝から気分爽快です。
IMG_2134

公園を1周しましたが、咲いているから桜の木と気づくにしても、とても綺麗でした。
IMG_2138

早朝の桜見物、とても良い時間でした。
IMG_2143
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ