さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

落ち着ける穴場の喫茶店

幹線道路から少し入った場所にある喫茶店を訪れました。
IMG_5410

天井は高く内装や家具などレトロな感じで落ち着けます
IMG_5428

メニューにあるドリンクの種類が多くて選ぶのに悩みました
IMG_5422

IMG_5424

次回はランチに訪れたいですが、これもどれにするのか悩みそう
IMG_5426

ホットケーキセットにしました。とても美味しかったです
IMG_5430

IMG_5431

チョコレートパフェも美味しかったそうです。
IMG_5432

常連になりたい店ができました
IMG_5434

みろく公園の旧恵利家住宅

さぬき市大川町にあるみろく公園には、県下で最古の農家建築といわれている旧恵利家住宅が保存されています。
http://www.city.sanuki.kagawa.jp/original/miroku/house/house.html
IMG_5366

IMG_5368

内部も見学できますし、散歩の休憩にも風情を感じる場所です。
IMG_5370

スリッパが置かれているので、内部も見学できます。
IMG_5373

高い天井で夏涼しくて、冬は寒さをしのぎやすそう。
IMG_5374

外から見たら日が余り入らないかなと思いましたが、日差しも十分に取り入れる構造になっていました。
IMG_5377

この民家の保存修理工事の様子も写真展示されています。
帰りはゆーとぴあみろくで温泉に入るのもどうでしょうか。
→ http://www.sanuki-sa.jp/miroku/
IMG_5378

真夏の阿波踊り

全国のマスコミに連日報道された阿波踊り、総踊りが開催された13日の翌日訪れました。有料の桟敷席が4カ所、それ以外にも演舞場が幾つかあります。
IMG_5399

今回は無料の演舞場+街角踊りを楽しんできましたまずは新町橋演舞場。開始時間の18時前から熱気が伝わってきました。
IMG_5401

踊りの始まりです。どこにいても聞こえてくる鳴り物の音に気分も
盛り上がります
IMG_5403













阿波踊りのひょうたん島クルーズも、普段とは違った眺めなので
興味があったのですが長蛇の列
IMG_5411

SOGO前の元町演舞場からの夕焼け。ここから祭りの夜は
ヒートアップしました
IMG_5416

徳島の中心部の歩行者天国の至る所が演舞場に変身する阿波踊り、自由に踊って楽しむことができる、それが多くの人を引きつけていると感じました。
IMG_5419

大串半島のワイナリー

さぬき市の大串半島芝生広場からの瀬戸内海の眺めを
満喫した後は、さぬきワイナリーを訪れました。
IMG_5352

館内ではワインの製造工程を見学できます。
IMG_5354

ワインと言えばコルク。コルクはポルトガルやスペインから輸入されていますが、対岸の岡山県にある内山工業が有名です。
web http://www.umc-net.co.jp/product/cork_plastic.html
IMG_5358

IMG_5359

ワイナリー見学の後、直売所へ。
IMG_5360

ブランデー源内は、江戸時代の有名な発明家 平賀源内にちなんだネーミングでしょうか。
IMG_5361

店内には色鮮やかなワインが並んでいますので、大串の瀬戸内海の絶景を堪能した後にお薦めの場所です。
IMG_5364

大串半島の芝生広場

さぬき市大串にある芝生広場からの眺めも綺麗ですが、途中で車を停めてのここからの眺めもお気に入りです
1

真夏の昼食時の芝生広場、暑さのせいか誰もいませんでした
2

ここに置かれた椅子に座って早朝の朝日を眺めるのもお薦めです。
5

独り占めできたのは幸運です
6

7

芝生広場からテアトロンへと続く階段も緑豊か10

先月は2週続けてスターダストレビューと小田和正のコンサートが
行われました。
IMG_5339

冬場はこの場所からテアトロンを見ることができますが、真夏は木が邪魔してます。
IMG_5343

今日の暑さは、椅子も熱くしていました。
IMG_5347

この建物はさぬきワイナリー、大串に来た時には立ち寄ってほしい
場所です。
IMG_5348

大歩危小歩危の妖怪屋敷

祖谷のかずら橋に行く途中の妖怪屋敷は、店内に売店もあり
途中休憩にもお薦めの場所です。
1

入り口で早速妖怪のお出迎えです
IMG_5243

入場券を購入して、入り口でバーコードをかざして入場
IMG_5245

上を見ると天狗が
IMG_5246

妖怪屋敷と言っても幼児が泣き叫ぶような怖さはないです。
IMG_5248

今のように道路が整備されていなかった、昔の大歩危小歩危周辺は、危険な場所も多く、妖怪が出る=近づいてはいけないという教えのために様々な妖怪伝説が生まれたそうです。
IMG_5249

IMG_5251

吉野川沿いの妖怪屋敷、真夏の清涼剤のような存在です。
IMG_5254

IMG_5255

web https://setouchifinder.com/ja/detail/440
記事検索
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール

甘党

  • ライブドアブログ