さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

地球が丸く見える?−大串半島

さぬき市にある大串半島に行ってきました。
ここの芝生広場からの瀬戸内海の眺めは凄く綺麗です。
緑と青のコントラストがいつ見ても癒されます。

九州に地球が丸く見える岬がありますが、ここ大串も丸く見えるような気になります。
7eee014a.JPG大串






大串2大串3

邪馬台国−徳島伝説

徳島の国府にある阿波史跡公園に行ってきました。
竪穴式住居とかを復原している公園ですが、人も少なくミンミン蝉の方が圧倒的に多かったです。

子供は竪穴式住居を珍しそうに見ていましたが、この隣にある「八倉比売神社」は
テレビ東京のミステリー番組にも出た、あの邪馬台国の卑弥呼の墓ではないかと言われている場所のようです。
八倉比売神社の神殿の背後に石組の五角形の古墳のようなものがあります。
全国的に古墳の上に神社が建てられているのは珍しいことでもなく、大分の宇佐八幡もそういう話があります。

徳島って、剣山にソロモンの秘宝が隠されているとか、10mの大蛇がいるとか、いろいろロマン溢れる土地ですが、邪馬台国徳島説の真偽はともかく、そう考えて高台から徳島市街を眺めると何だか古代に思いをはせてしまいます。
先週行った徳島の神山町も地名からして由緒ありそうです。


古代の歴史は興味深いので、今度はじっくり調べに行ってみたいです。
24e730c0.JPG阿波

神山町

d29c8258.JPG昨日から1泊2日で徳島県神山町に行ってきました。
高松から車で2時間程の場所ですが、芸術を手段に地域を元気にする活動等をされているNPO法人グリーンバレーの大南氏の講義の後で山に点在するアートを紹介してもらうなど、有意義な時間でした。

夜はバーベキューに熱い打ち合わせもあり、寝たのは1時過ぎ。
でも悲しいかな普段どおり6時前に目覚めました。
子供は何時間でも寝れますが、寝るにも体力がいるって話聞きました。
お年寄りが早起きなのはそういう理由なんでしょうか?

帰宅して疲れで夕方まで昼寝。3連休のうち2日が過ぎました。
神山神山2

禁煙セラピー

0da96cd9._SS500_たばこと健康を考える議員連盟が中間報告でたばこ1箱の価格を600〜1000円に引き上げるよう提言する見通しのようです。

自分は大学の頃から10年くらい毎日1箱は喫煙していました。
禁煙セラピーを読んで禁煙したのですが、以下はその概略です。

なぜ、タバコがやめられないか。
→それは洗脳されているから/口淋しい/美味しい/習慣になっている とか理由はいろいろです。


タバコはどんな時に吸うか?
→退屈してる時/リラックスしてる時/集中したい時/ストレスを感じている時

タバコを吸わない人は退屈してる時何してるの??
集中したい時何してるの?
○こう思ってタバコを止めました。


でも今こうして思うのは煙草がなくても人生楽しいです。

これからは、その発想法を甘いものに展開してみたいと考えています。

暑いです−考えるオブジェ

eeb559d8.JPG写真のオブジェは母校にあるものです。
その名は「考える」です。やっぱり考える=脳のシワなのかなって思ってました。
でも、考えるって凄い奥深いんだなと思います。

考えることはって聞かれても、一言で相手を説得できる回答浮かばないです。

母校の小学校には、あと2つオブジェがあるので、随時掲載します。

ふるさとが好きだから

b74a38fc.jpg今日は真面目なテーマです。
講義は香川県の高校生の県外進学率が高いとか、大学等卒業後の県外就職率を引き合いに出し、香川へのUターン等についての内容でした。

いったん県外に出た若者を香川で就職させるには
々畧遒亡覿藩驚廚鬚靴童柩兩茲魍諒櫃垢襦
県内企業の活性化で雇用者数を増やす。
等が考えられます。
でも、大規模工場を誘致するには土地がなく、誘致できても大量の工業用水を渇水時期にも供給できる保証はないです。


もっと根底に「香川が好きだから」って気持ちも必要かなと感じています。
ふるさと香川の良さを子供の頃から教えていけば、黙っていてもかなりな割合で戻ってくるのではないかなと思います。
中学生や高校生の職場体験も重要ですが、小学生の間から地元の企業を見学したり、地元の農家を手伝って、そのご褒美に美味しい果実をご馳走になる。
香川のいろんな風景を訪ねる・・・・・・・・。
そんな小さい頃からの積み重ねが、香川に対する想いを強くするには大事かなと、帰りながら考えていました。

小学生の子供に、
「高校卒業したら香川以外の土地に住むのもいいかも。」
と言いました。
返ってきた答えは「ぼく、ここが好きやから出ん」

この気持ちだけでも、ずっと持ち続けてほしいです。
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ