さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

道の駅とおわ  四万十ドラマ

四万十川の旅の最後に旧十和村にある「道の駅 四万十とおわ」に
寄りました。道中は山間の街道みたいな雰囲気の場所もあり、
快適なドライブでした。
IMG_3172





道の駅とおわは畦地履正氏が代表を務めている㈱四万十ドラマが指定管理者となっており、地域活性化の成功事例で多くの媒体に出ています。去年高松での講演を聞く機会がありましたが、芯のある方でした。
道の駅とおわ http://www.shimanto-towa.com/
四万十ドラマ http://www.shimanto-drama.jp/IMG_3171






客層は様々ですが、なんだかいいようのない活気があります。
IMG_3166IMG_3170





おばあちゃんが餅つきしてるのにはびっくりしました。田舎の女性は元気です。
IMG_3164





なぜか謎の人物も映っていました。
IMG_3165





店内は明るく財布の紐が緩む商品ばかりです。
IMG_3154IMG_3155




IMG_3153IMG_3162





裏手からの四万十川の景色は晴れてなくても最高でした。
IMG_3160IMG_3168






また訪れたいなって思います。心の故郷=みんなに見せたい景色です。

梼原町松原〜四万十町

翌日は曇り空でしたが、近くにあるパン屋さんに歩いて行きました。途中に森林セラピーロードの看板がありますが、マイナスイオンがたくさんありそうです。
18cbeb63.JPGIMG_3119





http://www4.ocn.ne.jp/~matsukid/therapy_index/therapy_index.html

朝食の行先は14年10月8日にオープンした「シェ・ムワ」です。 
http://foodpia.geocities.jp/shez_moi/
店の全体写真はないですが、道沿いにあります。
IMG_3122





パン1つにこのようなメニューでコーヒー付で500円は格安でした。
IMG_3124





松原から松原中津川林道を通り四万十町(旧大正町)に向かいました。林道のため道は狭く日当たりが悪く下は川みたいな場所も少しありますが、対向車も少なく快適です。
IMG_3133IMG_3134





途中で拓けた雨の山間部の田園景色も綺麗でした。
IMG_3136IMG_3137





大正の大奈路地区に出て国道439号に出ましたが、梼原町の松原から流れてきた梼原川に再び遭遇です。川幅は少し広がり相変わらずゆったりした感じです。
IMG_3146IMG_3148





キャンプ場ウェル花夢です。この後、畦地氏が立ち上げた㈱四万十ドラマが指定管理者をしている道の駅とおわに一路向かいました。

梼原町松原地区

梼原町中心部から南にある松原地区の道中は狭い道もありますが、
狭い道路を行くだけの価値大です。
1













途中に佐渡ダム(初瀬ダム)があり、
2













鮎などがダムから上に行けるように魚道が作られています。
急な流れを鮎は一段ずつジャンプしながら遡上するそうです。
3













ダムを通過し山間部の道を走りましたが、車も少なく快適で垣間見える梼原川の流れに癒されます。
5














梼原町の中平に行くと急に視界が開けました。
少し行くと八百とどろという徳島の大歩危小歩危のようなに出ます。
1000













大歩危小歩危は荒々しいけど、八百とどろは繊細な景観です。
1002













隠れた自然遺産なのに知られていないのは凄く勿体ないです
1008













鮎釣りの名所のようですが、カヌーでゆったり走るのもいい流れです。
1010













今日の宿の四万十 農家民宿「野彩」です。
2000













地元の野鳥の写真の専門家で森林セラピーガイドの女性が経営していますが、見た目も内装も癒されます。
2010













田舎で都会風なものは望んでいなかったので、オーナー手製の飾りや料理は最高でした。
全て地元産の鮎や米、優れた地域資源を発見できた気分でした。
2888













野彩web http://www3.netwave.or.jp/~nemu/

梼原街道〜維新の門 坂本龍馬

小学生の子供と梼原町に住んでいる知人を訪ねました。
役場近くで待ち合わせなので高松から須崎インターまで高速で1時間半程度走りましたが、途中の立川パーキングエリアでは綺麗な紅葉が見れました。
1













須崎から梼原街道、須崎から愛媛に向かう街道で坂本龍馬も土佐藩を脱藩した時に歩いた街道です。
左手に流れる新荘川は日本で最後いカワウソ(獺)が目撃された川として有名で、途中にかわうそ自然公園があります。
4













遊具もなくかわうそのモニュメントがあるだけですが田舎の雰囲気に癒されました。
2













日本カワウソは絶滅したのではと言われていますが、高知県は少し入れば山奥が多くて綺麗な川が多く、どこかにひっそりと生きているのではと思います。
3













一路梼原に向けて走ると前方の山に風車が。葉山風力発電所で20基の風車が1基当たり千kwの電気を発電しているそうです。
5













途中道の駅「布施ケ坂」に寄りました。
7













子供はソフトクリームを食べて自分はスーパー焼き鳥が食べたかったのですが、夜のこともあるので我慢しました。これ1本で1食分のボリュームがあります。
8













裏手にある昔のお堂です。
10













日本の原風景みたいな景色が目の前にあります。
12













やっと「目的地への待ち合わせ場所」の梼原町役場周辺に着きましたが綺麗な街並みです。
21













中山間地域で頑張る梼原町
20













坂本龍馬もこの川を渡って脱藩したそうですが、この景色見ながらしばし10分以上たたずみました。東京ラブストーリー最終回の大洲に勝る景色です。
30













近くには「維新の門」という銅像があります。幕末の志士で有名な坂本龍馬の銅像も当然あります。
60













坂本龍馬・那須俊平・澤村惣之丞・中平龍之介・吉村虎太郎・那須信吾・前田繁馬の7名の中で真中に位置するのは、掛橋和泉です。歴史的には有名ではないですが、脱藩していく土佐の志士達を援助していた人物で梼原の人です。明治維新の影の立役者=無名のヒーローです。
80













標高400mの街並み、龍馬を始め土佐の志士達が見た山は今も変わりないです。
81













梼原町観光web http://shikoku-net.co.jp/kochi/kankou/takaokagun/yusuharakankou.htm

うしおじさん

dbead033.JPGさぬき市のJR神前駅近くにあるうしおじさんに行きました。
ちょくちょくパンを買いに行っていますが、田園のど真ん中にあるパン屋です。

http://www.ushiojisan.com/index.html さぬき市大川町冨田西224

買い物して牛舎の横で放牧されている牛たちを見に行きました。
途中で子牛が出迎えてくれます。
IMG_2997






IMG_2998IMG_3002






北海道ではこれを牧場とは言わないんでしょうが、香川の牧場はこんな感じでしょうね。
IMG_3005IMG_3008






田園の真ん中からの風景はいつ来ても癒されます。牛もこんな景色で生活しているから、美味しい牛乳やソフトクリームが味わえるんでしょうね。
IMG_3009IMG_3010






JR神前駅の西側ではコスモスが満開です。
IMG_3013IMG_3014






この景色を見るたび、毎年秋を実感しています。IMG_3017IMG_3019

五名ふるさとの家

東かがわ市五名にあるふるさとの家に行きました。ここは毎週土曜と毎月10日しか営業していませんが、地元の女性達が先頭になり頑張っています。
1


今日のメインは猪カレーうどんと猪餃子です。
杉菜膳(800円)を注文し、おにぎりは1〜3個迄選べますが葱満載の
2

一番は地元の女性が笑顔で接してくれるので、もてなされた気分になりました。中では地元の名人が作った織物や木工品を販売していますが、今日はいちじくジャムを買いました。
5
3

次にJAと小学校辺りを山に折れ、1台しか通れない道が続きます。(ふるさとの家までは片側1車線の快適な道です)
6

行き着いた先は、「築山窯」という焼き物の工房です。途中でかぐや草というアトリエもあります。
7


オーナーの篠原さんとお話をしましたが、五名を気に入り標高
370mの場所に窯を開いたそうで、アトリエを見せていただきました。
そこで一目ぼれしたのがこれです。おいしい日本酒が飲めそうです。
8









元気な田舎を満喫できて心もお腹も満腹感を感じた1日でした。
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ