さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

高野山散策〜金堂・根本大塔

奥の院拝観の後はバスで千手院バス停まで行きました。
http://www.shukubo.jp/images/02_map/map2008.pdf
この近くで軽く食事を取り、金堂まで歩きましたが空気が綺麗で風景も高野山を満喫できます。
IMG_3475IMG_3476






金堂と根本大塔です。
IMG_3477IMG_3479






鮮やかな朱が綺麗で空の青とのコントラストが絶妙です。
IMG_3481IMG_3487






晴天の高野山から見上げる青い空が綺麗です。夜の星空も綺麗なんでしょうね。
IMG_3489IMG_3491






IMG_3494IMG_3495

高野山〜奥の院 南海電車で

連休で高野山に行ってきました。今回の移動手段は高速バスなんば行き〜南海高野線で極楽橋〜ケーブルカーで高野山駅〜山内はバスで移動でした。ちなみに今回参考にしたサイトは↓で「高野山・世界遺産きっぷ」はお得でした。http://www.nankaikoya.jp/index.html
IMG_3447南海高野山は和歌山県の橋本駅を過ぎると登り勾配が激しくなります。途中の九度山駅は真田幸村が関ヶ原の役〜大阪冬の陣まで過ごした地です。駅には真田十勇士の絵が飾られています。

車窓からの風景も深山幽谷に入っているのが実感される景色で、
60













ゆっくりとした速度で高野山目指して走行していきます。
61













高野線はカーブが多くスピードが出せない路線です。
65













「電車の終点」の極楽橋駅に着くと改札を出ずにそのままケーブルカーに乗り換えます。
70













高松市牟礼の八栗寺のケーブルカーと比べても傾斜が急です。最大
勾配が56.3%で歩いて登るのも無理なような傾斜を一気に昇ります。
101













高野山駅から高野町中心部にはバスが切れ目なく運行され、
4千人が生活するという高野町まで行くことができます。
(高野山巡りは山上のバスのフリー切符を使えば便利です)
高野山駅の駅前です。
71













女人禁制の時代は女性はここまでしか来れなかったそうで
今も女人堂があります。
80













バスのルートは当然お寺だらけです。
81













ルートは決めてなかったのですが、金剛峯寺周辺で下りる人が
少なかったので、奥の院に最初に行きました。
奥の院に行くには一の橋口と奥の院前バス停がありますが、下車した
一の橋口では数人下りただけで、バスの乗客の殆どは奥の院前迄
向かっていました。
一の橋口から奥の院迄の方が距離が長く参道を挟み多くの大名家や
公家の墓所があり世界遺産の風情を実感できますが、20万とも言わ
れるお墓の数に圧倒されました。お墓の写真は撮影していません。

片道2km、なだらかに奥の院に到着です。奥の院前に橋があり、
ここから先は撮影禁止です。
88













空海の生まれた善通寺の小学校を卒業した自分にとって凄く感慨深いものがありました。奥の院御廟で様々なことをお祈りしました。なんだか清々しい気分になりました。
100

淡路ファームパーク イングランドの丘

淡路島の2日目は朝食後に淡路ファームパークイングランドの丘に行きました。
10時頃に着いたのですが、ここも多様な府県のナンバーの車がざっと200台近く駐車されていました。高速千円効果は大きいです。
IMG_3408IMG_3429






ここは動物のゾーンと植物ゾーンとかエリアごとに楽しめます。
http://www.englandhill.jp/

始めにコアラを見ました。コアラはナマケモノと違い元気に動いていました。
IMG_3413IMG_3415






ワラピー達は固まって戦闘意欲丸出しで集結しています。
IMG_3409






大温室の植物館はうっすら汗ばむ温度でしたが、偽物コアラ発見。
IMG_3418IMG_3419






夢はっち号に乗りイングランドエリアに移動しました。幼児から大人まで楽しめる場所で、すれ違う大人の顔が輝いていたのが印象的でした。手軽に行けるのでまた行きたいです。
IMG_3420IMG_3422






IMG_3423IMG_3424






IMG_3426IMG_3427

洲本温泉〜ホテルニューアワジ周辺

淡路島2日目は目の前に広がる海から昇る朝日を見ようと5時半に起き
ホテルのロビーに下りました。当然誰もいなくてガラガラ。
1












ホテルを出て左にある三熊山ドライブウェイを徒歩で登りました。
かなり急な坂で息を切らしながら登ると眼下に洲本の街並みが。
でも、朝日の昇る方向と逆(゚ロ゚;)エェッ!?
と言うことでもと来た道を引き返しました。
2












下りると丁度いい感じで太陽が昇っています。
デジカメは太陽を直接見なくても撮影できるので便利ですね。
3












その後もホテルから南下し洲本温泉周辺を散歩しました。
ホテルもたくさん並んでいます。淡路夢泉景です。
5












エクシブ淡路島近くには綺麗なオムニのテニスコートがあり、
次回はプレーしたいです。
6












以前宿泊したことのあるエクシブ淡路島ですが、
ここの部屋は凄く綺麗でバスも良かったです(⌒-⌒)
7












部屋に帰ると、屋上からの景色が綺麗と言う同行者の話を聞き
早速見てきました。
8












足湯に個室の温泉があり、眺めも最高です。
9












早起きは三文の得です。
10

ホテルニューアワジ

仲間たちと淡路島に旅行に行ってきました。総勢18人で、幹事のベストチョイスによる宿泊先はホテルニューアワジでした。大阪や徳島ナンバーなど様々な県からの宿泊客の車で、満車に近い状態でした。
ホテルニューアワジ http://www.newawaji.com/
1












部屋からの眺望は最高で目の前に綺麗な海が開けています。
2












しかし最大のサプライズはこれでした。
3












部屋にある展望露天風呂。幹事さんには感謝感激です。
海を眺めながらぼーっとして、いい気分転換になりました。
4












夕食は大広間で新鮮な料理に 皆感動していました。
5












今までの楽しい日々の思い出に花が咲き、
続きは部屋での宴会に持ち越されました。
6

海の科学館〜琴平

小学生の頃に行った琴平町にある海の科学館に行きました。
途中まんのう町の小懸屋でしょうゆうどんを食べましたが、ここのは新鮮な大根が丸ごと出てきたのを、自分ですりおろして好きなだけうどんにかけることができますが、レモン汁を加えると更に味がアップします。
http://www.ganso-ogataya.com/index2.htmlIMG_3345IMG_3339






今日は雨のため観光客は少ないかと思いきや、たくさんの人が来ていました。ここの参道は錦陵の資料館や美味しいソフトクリームなど見るだけでも楽しめます。
IMG_3347IMG_3354





金毘羅さんの石段は785段あるそうですが、海の科学館は数十段登って左に曲がります。子供の頃と変わらない建物に懐かしさを感じました。
http://www7.ocn.ne.jp/~umikagak/
IMG_3353IMG_3352





今日は上まで上りませんでしたが、金毘羅さんの参道を逆方向に行き橋を渡ると右手に平岡精肉店があります。
ここのコロッケやエビカツは凄く美味しくお薦めです。ローカルな商店街ですが、なんだかほのぼのとした通りです。金毘羅さん周辺には駐車場がたくさんありますが、JR琴平駅の東西に町営駐車場があるので、そこを利用して新町商店街を通るのもお薦めです。
IMG_3355IMG_3356
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ