さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

三木町 森のいちご

香川県三木町にある「森のいちご」に行きました。
http://morinoichigo.com
久々でしたが、石がまパン屋の「leche(レーチェ)」が
オープンし、特大イチゴハウスも完成しています。
このパン屋は三木町内にある広野牧場が経営しているそうです。
http://www.hirono-farm.com/index.php

ソフトクリームも販売していて、森のイチゴを注文しました。
毎回思いますが、食べるのがもったいないです。
2













休憩所にはヤギがいましたが、カメラをじっと向けるとテーブルの
下に隠れるシャイなヤギでした。
3













贈答用のイチゴのため、買っても包装を開けられないのが残念です。
4

宇高航路 玉野〜高松

宇高国道フェリーを使って高松に戻りました。
瀬戸大橋ができるまでは交通の要衝としてたくさんの人が
通過していましたが、現在はゆったりとした街並みです。
801












玉野は三井造船の城下町で、
802












大型の船が建造されています。
803












この海域の風景は、瀬戸内海国立公園の中でも本当に素晴らしくて
灯台1つ取っても風情があります。
805












あと1時間ちょっとで水平線に沈む太陽に照らされた瀬戸大橋
方面の海です。
806












漁船と夕陽のシルエットが瀬戸内海の象徴と言えるかも知れません。
888












海に浮かぶ高松の魅力と
901

瀬戸内海の資源を発見できるのが、
宇高航路だと感じます。
900












休日は何人でも車1台なら2千円ちょっとと お薦めです。
宇高国道フェリーweb http://www.utaka.co.jp/

倉敷科学センター

瀬戸大橋を渡り倉敷市水島地区にあるライフパーク倉敷内にある
「倉敷科学センター」に行きました。
http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/lifepark/ksc/index.html
IMG_4171BlogPaint





ここは初めて行ったのですが、科学に関する様々な体験ができます。
宇宙飛行士の山崎直子さんのコーナーもあったり、科学について子供が
興味を持つような内容です。
IMG_4187IMG_4186





隕石コーナーは自分が凄く興味を持ったのですが、子供たちは
素通りです(´−д−;`)
IMG_4188IMG_4191





さすが水島コンビナートのある倉敷の施設だと感心しました。

淡路島グルメ〜魚増鮮魚店 他

淡路島は古代から平安時代にかけて御食国(みけつくに)の1つでした。御食国とは皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料(穀類以外の副食物)を貢いだと推定される国を指す言葉で、淡路島には隠れたグルメがたくさんあります。

綺麗な海で水揚げされた穴子を炭焼きしている店に行きました。
魚増鮮魚店」淡路市富島392-3で花さじきから車で10分程度です。
1













炭火焼きの穴子をその場で食べることも可能です。
値段は4匹で千円程度で味は絶品ですが、販売のみのため次回は
ご飯に丼持参で、穴子を買って近くの海で穴子丼を食べるという
ことで家族の意見が一致しました。
2













目の前で焼かれる穴子の匂いが雰囲気を盛り上げます。
3













ひたすら美味しい穴子を焼いてくれています
4













魚増の次は、淡路市郡家76にある「肉のよしおか」です。
ここは以前ウェルネスパーク五色のログハウスに泊った際に買出しに
行った先で何気に見つけた普通の精肉店でした。食べたところ甘さを
感じる美味しさに家族皆絶賛し、淡路島に行く時は必ず寄る精肉店で、
http://www.wagyutei.com/


普段レバーが苦手な子供もここのレバーは我先に食べます。
IMG_4141IMG_4149






今回の肉も絶品でした、値段に関係なくどれも美味しい店です。

津名一宮インター近くの産直「赤い屋根」も定番コースです。
6













広い店内は海産物や線香、農作物に土産用菓子など様々な
ジャンルの産直があり、見るだけでも楽しめます。
玉ねぎとドレッシングの試食も楽しめ、子供は店の人に
「僕、試食慣れとるな」と言われました。
ここで「ゆずごしょうと玉ねぎのめっちゃはいってるドレッシング」と
定番の玉ねぎを買いました。
7













たこせんべいの里にも行きましたが、広い店内はいろんな
種類のせんべいの試食ができ、子供が迷子になりそうな位の
混雑ぶりでした。
8













帰りの高速は少しの渋滞がありましたが、香川に入ると
スムーズに帰ることができました。
9

あわじ花さじき

淡路島に行くと外せない場所が、あわじ花さじきです。
http://www.hyogo-park.or.jp/hanasajiki/index.php?nw_typ=2

季節に応じて菜の花やひまわりにコスモスが楽しめます。
この時期は菜の花にポピーですが、空と海の青と凄く調和していました。
IMG_4102IMG_4108





遠くの2010は麦製で横幅40m前後あります。
IMG_4103IMG_4108





リナリアはカーペットのように満開です。
IMG_4111





花で作られた花の模様です。
IMG_4118IMG_4125





ちょうど昼時でしたが、周辺には食事をする場所がないので、
売店の天麩羅で小腹を満たし次の目的地に向かいました。
穴子とタコを食べ、値段も良心的でサクッと美味しかったです。
IMG_4099

淡路島公園

GW初日は淡路島に行きました。3か月連続の淡路島で洲本・南あわじの次で今回は北部の淡路市の淡路島公園が目的地です。

ここは芝生広場に水の遊び場に急流スライダーなど、子供から大人まで楽しめる場所です。
IMG_4043IMG_4044





遠方に急流スライダーに、木の遊び場です。
fIMG_404fIMG_4098





木の遊び場は船の形をしていますが、内部も楽しめます。
fIMG_4053fIMG_4088





急流スライダーは大人でもスリル満点で何度でも楽しめました。
IMG_4059IMG_4060





公園内は広くて新緑の中、清々しい気分で散策もできます。
IMG_4069IMG_4076





石の遊び場では童心に帰って上り下りできます。
IMG_4072IMG_4084





ここは水の遊び場です。淡路島はサンライズのじゃぶじゃぶ池など
水遊びできる遊び場があります。
IMG_4092





次は晴天の芝生広場でシートかテント持参でゆっくり昼寝したいです。
IMG_4093IMG_4094





淡路島公園WEB
http://www.hyogo-park.or.jp/awajishima/
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ