さぬきの中心から日々を語る

香川県内を中心に出かけた先の写真を中心に何気ないことを綴ったブログです。(写真はクリックすると拡大できます)

紫雲出山の山頂にある喫茶店

三豊市の荘内半島先端にある紫雲出山は標高352mあります。
山頂近くの駐車場迄上ると登山道の入り口にある素敵な看板。
IMG_4392

この看板から徒歩10分で紫雲出山遺跡館喫茶コーナーがあります。たまたま自分以外に来客が無く、この空間を独占して珈琲を飲みながら読書をしました。
IMG_4393

右手には瀬戸大橋や水島の工業地帯も見えます。
IMG_4394

左手奥には福山市や鞆の浦も見ることができる見晴らしの良い場所です。
IMG_4395

ゆっくり読書した後、店の隣から瀬戸内海を眺めました。
IMG_4397

多島美を満喫するには絶好の場所です。
IMG_4398

たまに訪れたくなる場所です。
IMG_4402

web http://www.mitoyo-kanko.com/?p=1252

坂出の牡蠣焼き〜みき水産

坂出市王越にある「みき水産」では刺身や天婦羅の定食メニューを
堪能できますが、冬は多くの人が牡蠣の食べ放題に訪れます。
そろそろシーズンも終わりの牡蠣焼。
IMG_4414

水槽の牡蠣と牡蠣焼きの磯の香が気持ちを盛り上げてくれます。
IMG_4416

牡蠣を鉄板に並べて蓋をして蒸し焼きです。
店員の方の説明は以下のとおりでした。
最初は鉄板の温度が低いので15分程かかりますが、その後は蓋をして幾つかの牡蠣の殻が開いたら大丈夫。開いてない牡蠣も蓋の中で蒸された条件が同じなので食べられます。
IMG_4417

焼けた牡蠣を鉄板の端に寄せて、真ん中に再度牡蠣を投入して
蓋をします。
IMG_4420

食べ終わる頃には蓋の中の牡蠣が焼けているの繰り返し。
IMG_4421

ジューシーな牡蠣
IMG_4422

ポン酢を始めトッピングも数種類あるので、様々な味を楽しめます。
IMG_4423

太巻きも5切れついていますが、この太巻きを買いに来る人が
いるのも納得の美味しさです。
IMG_4423-1

味噌汁もあるので焼いた牡蠣を入れてみました。
IMG_4424

みき水産食べログ
https://tabelog.com/kagawa/A3702/A370201/37005780/

ちゅらさんの小浜島

石垣島の離島ターミナルから小浜島に着きました。石西礁湖にある
小浜港は海の青さが瀬戸内海と全く異なります。
web https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E8%A5%BF%E7%A4%81%E6%B9%96
IMG_3967

展望台への途中から、素敵な海を見ることができます。
IMG_3969

西大岳展望台。大岳展望台より階段も少ないので、幅広い年代の人が訪れることができます。
IMG_3970

ちゅらさんの碑の向こうに真っ青な海が広がっていました。
IMG_3971

時間の経つのを気にしないで、ここからの景色を眺めました。
IMG_3972

IMG_3973

瀬戸内海とは違う青さに、夏に泳ぎたくなりました。
IMG_3976

IMG_3979

この綺麗な海をボートで心ゆくまで過ごしたいと思いました。
IMG_3981

竹富島の屈指の砂浜 コンドイ浜

竹富島西部のコンドイ浜は、トリップアドバイザーの2017年「日本の
ベストビーチ トップ10」で第6位に選ばれた場所です。
IMG_3800

船が浮かんでいる海の青さが凄いです。
IMG_3810

前方の桟橋が西桟橋。
IMG_3828

少し場所を変えるだけで、海の色が変化して見えます。
IMG_3834

IMG_3837

曇りでも、これだけの綺麗な海。晴天ならどれだけ贅沢な景色となるのでしょうか。
IMG_3838

裸足で歩きたくなるサンド。沖合に砂地が浮かび上がっていました。
歩いて行くには寒かったです。
IMG_3841

この後は西桟橋に向かいました。
IMG_3847

白砂が余計に海の青さを際立たせていました。何種類もの青を楽しむことができたビーチでした。
IMG_3850

売店はないのですが、お土産はこれで十分です
IMG_3858

香川からの竹富島で水牛車の旅

竹富島では、水牛車で島内を巡りながら三線による民謡を聞くことができます。サイクリングの途中で新田観光の水牛車を利用しました。
web http://nitta-k.net/
IMG_3880

受付で1,200円を払い乗り場に向かうと。
IMG_3919

水牛が歩いてきました
IMG_3922

当たり前ですが、牛との距離が近いです
IMG_3926

美女として知られた安里屋クマヤの生家。安里屋ユンタで歌われ
続けています。
IMG_3932

IMG_3933

三線による歌を聞きながらの、牛歩の竹富巡り良かったです
IMG_3935

竹富島は、ミンサー帯や芭蕉布など伝統的な織物が受け継がれている島としても知られています。ここ竹富民芸館では、芭蕉布が織りあがるまでの作業工程を紹介したり、機織りの実演も見学できるそうです。
IMG_3942

丸1日過ごしても、散策できないほど見所満載の島だと思います。
IMG_3943

次の便も定員一杯で大人気でした
IMG_3885

竹富島のなごみの塔からの眺望

竹富島の伝統ある町並みの中で、突如現れた塔が「なごみの塔
(あか山丘の展望台)」です。
IMG_3888

以前は人が出入りすることができたのですが、現在は立ち入り禁止となっています。
IMG_3890

ただ、近くのあかやま展望台で寸志を払い屋上から見学ができます。
IMG_3894

隣からなごみの塔を見ることができるので、お薦めスポットです。
IMG_3896

この屋上からの竹富の景観は圧巻です。
IMG_3897

冬場は観光客も少ないので、ゆっくり風景を眺めることができました。
IMG_3901

サンゴ礁の綺麗な海も綺麗でした。
IMG_3904

ずっと守り続けて欲しい景観です。
IMG_3907

地元の方々の努力あっての景観に感謝の気持ちを感じます。
IMG_3908

海の向こうは小浜島でしょうか
IMG_3910

なごみの塔、また訪れたいです。
IMG_3917

IMG_3914
記事検索
Recent Comments
≪人気ブログランキング≫
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ